甥っ子が帰省したので60km先の博多地区まで遠征。

 エキサイトは記事更新するのに画像選択して写真をアップロードする時に書き進めた記事が一瞬で消去されるというバカバカしい事になるのよねー、今日もそれで長目のリポートが「あ!」という間に消え去った。
気力が萎えるわなーこんなアホな仕組み。

 細かい記述はあきらめて簡素に書きまする、正座してたから背中が凝った。
 お袋の見舞いに病院まで行くため「千早」という駅で下車。
 構内に麺屋があったので入ってみる。
f0031417_12030253.jpg
f0031417_12025484.jpg
 店内は盆でガラガラ、ざるそばが格安(550円)だったので注文、うーんこれは駅ホームの麺屋と同じだわ。
f0031417_12024424.jpg
 とりあえず空腹な胃が「これでよかろう」と満足したのでお袋の入院している病院に向かう。
f0031417_12351484.jpg
 もうすぐ90歳の誕生日が来る、目はよく見えるらしいがスマホ画面は老眼鏡がいる様子。
 オイラの顔は覚えてるのだろうけれど名前が出てこなく「私の弟や」と妹に言い笑われる。

 見舞い時間90分経過後、妹とその息子である甥っ子の3人で博多まで遠征ぢゃー。
 知人が紹介してくれた博多駅の「飯と酒いちばん」なる居酒屋のカウンターで博多名物を肴に呑む。
f0031417_11495460.jpg
f0031417_11500486.jpg
 まずは博多名物①の胡麻さばをオーダー。 これは生でサバが食べれるのだ新鮮だから。
f0031417_11503001.jpg
 続いては博多名物②焼拉麺、セブンイレブンでも売ってはいるが本場の味は別物で旨い。
f0031417_11504402.jpg
 これも博多名物③の明太子いるの卵焼き、ただ博多明太子が入ってるだけなのだが酒には合う。
f0031417_11510681.jpg
 名物ではないが「牛筋と豆腐」、牛の煮汁が豆腐にからんで肴にはもってこい。
f0031417_11505509.jpg
 博多地鶏の煮付もつまみになるなー、甘辛煮はいつの時代にもHeroだぁ。
f0031417_11512665.jpg
 居酒屋の顧客の会話がガヤガヤうるさくて声が聞こえないのでカラオケにでも行こうとシダックスへ。
f0031417_11513977.jpg
 3人なのに10人以上入れる大部屋に通される、のっけからフリータイム+ドリンク飲み放題にしておけば良かったのだが、そう長くは歌も歌わないだろうと延長を繰り返し4時間も滞在・
f0031417_11514977.jpg
 たこ焼きだけで4時間も居たのは初めてであった、通常は食事がどーんと並ぶのだが居酒屋で腹は満たされていたので軽食ですんだ。
f0031417_11515999.jpg
翌日になる前に新幹線に飛び乗る、小倉まで16分で着くのがありがたい。
で門司駅について塩拉麺と寿司を買って夜食を喰らい、博多遠征の夜はおしまい。

# by mackworld | 2018-08-16 13:02 | 日記 | Comments(14)

こんな軌道車が街中を走っている時代もあったんだなぁ、工業都市北九州らしいわい。。

f0031417_13371290.jpg
鉄骨か、コークスか、石炭か? ドローンがないから俯瞰して見られないから中身がわからんばい。
場所は若松っぽいけれど。

# by mackworld | 2018-08-03 13:39 | 日記 | Comments(8)

昼からカラオケというスナックに行ってみた。

この日は朝8時に哲ちゃんがオイラの自宅まで車で迎えに来て彼の自宅に向かったのだす。
これが哲ちゃんのお店(理容みなと)15年間ぐらいお世話になってましゅ。
f0031417_09282913.jpg

でこのビル全部が彼の資産、上は姪っ子に貸していて下全部が彼の店舗兼居住区なのだす。
f0031417_09281918.jpg
今日の訪問目的は液晶TVにブルーレープレイヤとスピーカー3点セットを設置してミニ映画館を作るためでありました。
f0031417_09451047.jpg
playerは難なく設置できたのだけれどスピーカーはピンコードを忘れていて音出しできず「あ・・」と言って後は絶句でありますた、抜けてますなオイラ。
f0031417_09450310.jpg
セッティング終了後は彼が勉強中のエクセル講座の予習を手伝いました、なにやら学習センターでは「??」と疑問だらけで更に何度も何度も質問できないグループ学習らしく困っていたので同じ動作を10回くらい懇切丁寧に個人レッスンしてあげたら大喜びしてました、いいよね68歳で学習意欲がある彼の根性は。
お礼にとビール6缶を差し出しツマミは明太むすび+大竹輪+ピーナッツでオイラは自分ひとりで欲張って5缶も呑んでしまった。
さすがに気分高揚、昨日まで「行かない」と固辞していた昼カラオケにまで参戦する気分になりホイホイ哲ちゃん馴染みのスナックに出向きました。ビルの入り口で「ほーらランチもたくさんあるよー」と案内する哲ちゃん。
f0031417_09275168.jpg
スナック入り口で「暴力団の方はお断りですよー」とオイラに入店拒否ポーズでふざけてます。
f0031417_09274032.jpg
通いなれたる彼はイソイソとカラオケボードをちょちよいと操作、オイラのリクエストにテキパキ対応してくれます。
f0031417_09272661.jpg
やがて馴染みの「きよちゃん」という女性と二人歌合戦が始まりますた、両社とも今夏の催事である歌合戦に出場するという意気込みだから玄人並みに演歌が上手い。
f0031417_09270923.jpg
f0031417_09265643.jpg
でもって、その歌唱中マスターがお得意のドラムで参戦というか一緒に遊んでくれます、これが面白かったなぁ、きちんとリズム刻むのよねー。
f0031417_09261591.jpg
マスターはマラカスを手に年配のお爺ちゃんの唄にも小さくリズム刻んでますた。
f0031417_09254918.jpg
裏の調理場で微笑んでいるママさんもこれまたドラム演奏できるからしゅごい、マスターが参戦して歌いだすとスーっと来てドラム叩いてましたもん。
f0031417_09260219.jpg
和気あいあいと過ごす中、オイラは買い出しがあるので中座いたしましたが「きよちゃん」と「ママさん」がエレベーターホールまで見送りに来てくれました、オイラの顔がお猿さんみたく真っ赤になっていたから心配して見送ってくれた様子、ここ10数年オイラは飲むと(ビール10本くらい)顔が赤くなりまする、50歳までは飲んでも呑んでも顔に出ないから爆呑みしてたのがウソのよう、でも年相応これでいいのだ。

# by mackworld | 2018-07-26 10:12 | Comments(14)

高齢者の集い(カラオケ居酒屋編)に行ってみた。

髪を切って夏スタイルにしようと行きつけの理容に行ったのよ。
いつも通り店の入り口に自転車を止めて
「元気かー」とドアを開けたらお客さんは皆無で、彼(てっちゃん)が応接テーブルでなにやら作業してる。
「おーパソコンぢゃん、使えるのかー」とやや驚いた表情で入店するオイラ。
机の上に鎮座ましましていたのがこれ。
f0031417_09572314.jpg
OSはWin7で知人がパソコン4台あるから1個あげると貰い受け、もっか店の案内POP作成中とのこと。
うーむ爺さんは頑張るなぁ(おない歳)と感心したけれど、まだワード初心者教室にて勉強中らしい。
機種はソニーのVPCCBでインテル Core i5-2450M プロセッサーという驚きのスペックなのだ
f0031417_10131758.jpg
このシリーズは中古でも7万円くらいはするから良品でおます、使いこなすと重宝する代物だす。

これをPOP作成のためだけに使うのはもったいないから、「TVにつなげようよ」と諭し奥にある彼の
個室にもっていく、日立のプラズマWooシリーズにHDMIで接続しようとしたがパソコン接続端子がないでおじゃる。

でオイラの自宅に4台あるTVで現在たいして使っていないシャープ製のTVをプレゼントして接続完了。
f0031417_10271700.jpg
まぁ、彼の驚く顔。まるで子供のように「うへー」「凄い」「パソコンまで見れるのかー」と喜ぶので
Youtubeで彼の好きな歌手をロードして画面に出すと「うへへー」と嬉しそう。

そんなこんなで、次回はオイラの家においで、パソコンの遊び方を現物で見せてあげるからとご招待。
やって来ました缶ビールぶらさげて。
で音響機器に接続し歌わせましたの、高音がよくでるテノール系の声で朗々と歌い上げる顔は喜悦状態。
f0031417_09574360.jpg
f0031417_09580646.jpg
f0031417_09581637.jpg
これで終わらないのが我ら団塊世代なのだす。持参のビール12本とわが家のハイボール2缶では足りず
彼の行きつけのカラオケ居酒屋にタクシー飛ばして突入、カメラは他人の集団だから撮りませんですた。
イメージ的にはこんな雰囲気、よく養老院や老人ホームに内設されてるような店作り。
f0031417_09570137.jpg
f0031417_09583498.jpg
なんだかなぁ、一気にオイラまで老け込みそうなメンバーだから次回誘われても多分行かないなぁ(笑)
それに歌はオール演歌だからビートルズの唄なんて絶対に誰も歌わないのよ。
昭和後期に流行った軍国酒場を想像してもらうと分かりやすいかも。
こんな感じの
f0031417_09584614.jpg
テーブルがあって小上がり4人座りの空間が3セットあるあの構図だすな。

オイラのカラオケシーンは100回は同伴してる「あいちゃん」や。(オイラは指だけ出演してましゅ)
f0031417_10482395.jpg
「沙耶ちゃん」のいるスナックが主流だったし歌うのも洋楽50%JPOP40%童謡など10%といった世界だったからなぁ。
f0031417_10483276.jpg
やっぱお気に入りの女性がいる酒場でのカラオケは異様に盛り上がるけれど2時にお開きという過酷さで
翌日頭ガンガンの二日酔いになるのが難点ではありますが、歌ってる時は気分がよいのだわさ。

という事で今日は軍国酒場風カラオケ居酒屋訪問の顛末記でありますた。

# by mackworld | 2018-07-21 10:56 | 日記 | Comments(8)

自給自足の幸田家。

九州朝日放送・羽鳥モーニングショーで幸田家の自給自足生活を案内していた。
そもそも総研・食料からエネルギーまで自給自足という内容の報道だった。
f0031417_10032466.jpg
まず衣食住の食について
主食の米は1家4人(夫婦+子供2)が365日食べれる程度の田圃で収穫。
家庭菜園で筍・椎茸・スナップエンドウ・葱その他の野菜が季節ごとに収穫できている。
肉・卵は狩猟の猪や鹿を4頭狩れば1年分の肉は確保、鶏を飼っているので日々12個程度の卵も確保。
狩猟で余った肉は自家製燻製炉で燻して長期保存していた。
f0031417_10033314.jpg
エネルギーは太陽光パネル16枚で春夏は100%供給、秋冬は70%程度の供給量で電気代は月額285円。
光熱水道の熱量は薪ストーブで山の木々で賄い、水は井戸水を濾過して飲料等に使用。
こうやって見ていると子供が幼い間は4人家族でも自然利用で十分やっていけてるのが分かる。

朝日放送のコメントはこうだ。
 廃材を集めて建てた物置の屋根に太陽光発電のパネルを並べ、使う電気の半分以上を自家発電でまかなう
f0031417_10042096.jpg
。水は地区の簡易水道に頼るが、下水施設は利用せず、生活雑排水は地中に埋めた手作りの浄化装置に送る
f0031417_10043126.jpg
。汚れた水は微生物がきれいにした後、近くの畑の栄養になる。まきでおこした火で、自ら栽培した無農薬米を炊き、風呂は車で5分ほどの三朝温泉を利用する。

 職業は「あえて表現すれば百姓」。

f0031417_10130227.jpg
f0031417_10040253.jpg
f0031417_10035382.jpg
f0031417_10034104.jpg
ニワトリを庭で飼い、米や野菜を育てる。大工仕事を請け負うほか、自宅脇でカフェを開いたり、出張先で料理を作ったりして必要な収入を得る。「無理なく、楽しみながら」をモットーに、「子どもたちに胸を張って伝えられる、身の丈にあった暮らし」を実践している。

 鳥取市佐治町のキャンプ場で2014年から、地元の人たちと2泊3日の「たんぽり村まつり」という催しを開いている。電気は自家発電。料理や風呂にまきを使い、地域通貨で買い物をする。参加者らと「理想の村」をつくる試みだ。自給自足型の生活を通して、豊かな自然に囲まれた佐治の魅力を伝え、移住者を増やしたいと思っている。「経済成長だけが幸せの基準じゃない。これからも暮らしの選択肢を示していきたい。


都市部に住んでいると大阪地震のように交通網は停止、水道も電気も止まりライフラインは癌絶になる事を

覚悟しなければならない、今回はマグニチュード6程度でああだから倍増の7や倍々の8が襲えば都市機能は完全マヒで餓死者すらでかねない事を考えると自給自足が出来てる家族はなんと安心なことか。

かと言ってすぐに自給自足の生活を担保できないのが現代社会。

養老孟子さんが都市は自然に反して生きる実に不都合極まりない生活形態なのだ、若者は最低1年間の田舎暮らしを義務付けたほうが良いと記していたのが思い起こされる。








# by mackworld | 2018-06-21 10:15 | 日記 | Comments(26)