人気ブログランキング | 話題のタグを見る

会社2年で出会った高卒の新人さん

オイラも会社に入社したての頃はホテル部門の4大卒女子が同級生だから英会話できる米英学科卒の女性が話しやすく
帰り道の5kmを60分かけて送っていったりしていた。
で同級生というだけで何の進展もなく初夏の社員旅行で懐いてくれたウエイトレス上がりのフロントキャッシャー19歳と
なかよくなり1年続いたが相手の親がオイラの調査などやらかしたもんだからウチのオヤジが激怒、で自然消滅。
世界的なボランティアサークルのロータリークラブの若者育成であるロータアクトクラブに23歳で入会(専務の推薦)で
4人しかいないクラブの会長に立候補し受諾、1年間クラブ5周年記念行事とやらの議長で日々悪戦苦闘。そんな時新入会員で「千鶴子」という愛らしい顔立ちで歌手そっくりの18歳女子が入会。
一目で惹かれ速攻でアプローチ、日々ストーカーまがいの付きまといで彼女も散歩くらいは付き合ってくれ日々帰宅の道は散歩道となり夏から冬までくらいは話が続いたが翌年、自然と縁が遠のいてしまった。そんな記憶が残るひと。こんな顔でした
そっくりさんかと思うくらいにてました。
会社2年で出会った高卒の新人さん_f0031417_20085148.png

# by mackworld | 2022-06-25 20:23 | Comments(6)

恵子ちゃん

 1963年頃の写真がある
 アパートの隣に住んでいた姉妹の妹の方 幼いけれど顔立ちはもう大人の女、すでに妖艶で危険な香り発散
恵子ちゃん_f0031417_17561776.png
どこかクソ生意気な雰囲気と言うかオーラを放っていて、芸人で言えば佐々木希に似たヤンキーのムード
子供同士で鬼ごっこしていても、どこか表情に子供らしさのない子であった
そうだ芸能界向きの資質なのだと今頃感じた。


# by mackworld | 2022-06-20 18:02 | 日記 | Comments(4)

ひえー降りられんぞー。

 幼子は登る時は元気にスタコラサッサなのよ
 で上にたどり着き、ふと下を見ると足がすくみ
で降りられなくのよねー
 一度恐怖心がわくとかえってアブナイのよねー
こんな橋でも。
ひえー降りられんぞー。_f0031417_14235149.png
この頃はまだ1円札があって、こんな煎餅が2個買えました。1個50餞という単価がまだありました、硬貨はなかったが。
ひえー降りられんぞー。_f0031417_14371712.png
電話が家では黒電話だった頃
タバコ屋さんでは赤電話が主流でおました
10円玉で県外にかけるときは50枚くらいあっというまになくなった。
ひえー降りられんぞー。_f0031417_14591994.png

# by mackworld | 2022-05-18 14:26 | 建造物 | Comments(6)

モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。

あえて画像だけ
並べてみますた
百聞は一見に如かず。
モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。_f0031417_03583839.png
モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。_f0031417_03585588.png

モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。_f0031417_03592790.png
モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。_f0031417_04002435.png
モノクロの昭和その① 時間がゆったり流れ人が優しかった気がするなぁ今より。_f0031417_04013542.png

# by mackworld | 2022-05-01 04:02 | Comments(8)

フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので

こっちで少し思いも込めてUPする。
1963年に大和書房で出版されて「愛と死を見つめて」
これは小遣いで買える本だったので「若き命の日記」も合わせて熟読したものだ。
河野氏と軟骨肉腫に冒され21年の生涯を閉じた大島 みち子(おおしま みちこ=ミコ、1942年2月3日 - 1963年8月7日)との、3年間に及ぶ文通を書籍化したもの。
この人が大島さん
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18314853.png
綺麗な女性です
顔の癌では治療が困難で完治はしない難病でした
これが治療部位
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18321167.png
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18351947.png
X線でのスキャンで目の下、鼻腔の奥に大きな範囲で腫瘍が見えてます
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18350935.png
女性としては顔の半分を切り取るという想像しただけで胸が痛む手術でした
映画の吉永小百合さんの表情を見るだけで痛々しさが伝わります
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18380144.png
この病には
オイラの属していたボランティアサークルの後輩で吉岡君がかかり
手術で左目とっちゃいましたーと明るく言ってたけれど難病なんだなぁ、嫁さん若いのにつらかろう
としんみりさせらた思いがあります
本当に癌は数か月と言う短期間で命を奪い去ります。

ゲオで吉永小百合さんのDVDを借りて中学生の時に「命」に向き合った思いを再度脳裏に刻みます。
オイラの嫁さん2010年に乳がん摘出して12年目なのだけれど、ガンと言うやつは12年無事でも
ふいに再発するから怖い。
でも、再発しても互いの覚悟がないと夫婦は空中分解してしまいますから、残り少ない老後の戒めとして
DVDをしっかり見て脳裏に焼き付けておきます。
フェイスブックの方に書こうかと思ったが、あちらは軽ーく流すのが筋のお気楽記事が主流なので_f0031417_18482221.png

# by mackworld | 2022-04-17 18:48 | Comments(16)