<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は さわやかな朝を向かえ

そろそろランチタイムであるな。
小次郎の散歩でカーペンターズなんぞを聞きながら



てれてれ歩きまわって腹がへったので
朝からチャンポンなんぞ食らったので
まだ空腹感がないのんぢゃ。

すかす
公園ではワンコが元気よく
かけずりまわっておった。
よくフリスビーを飛ばして立派にワンコがキャッチしておるが
うちの小次郎だったら
必ず
キャッチ失敗
ついでに
着地も失敗
になるだすなー
おまけで樹木に激突すて
「ぎゃいぃぃぃぃん」
となる
たとえばぁ こんな風に・・・
f0031417_1132445.jpg


やっぱトレーニングすて
これくらいの筋肉犬になったら
軽々とキャッチできるんだろうけんぢょ
f0031417_1135324.jpg

こりわ、たくまし過ぎかも

犬系の動物のドジはけっこう笑えまする
こんなんも
おるよ
f0031417_11363674.jpg


ご愛嬌ということで
んぢゃ。
[PR]
by mackworld | 2008-11-29 11:36 | music | Comments(18)

ビールを飲むとな・・・

ちょっぴり笑える
ウイット感あふれる

ビール+○○

オンパレードだす

一部分
外国人でないと、わからんような
作画もあるだすが
おおむね
「そうそう」
「うんうん」
と納得のいくものに仕上がっておるだすな。


はい
前フリは
これくらいにすて

どーぞ


f0031417_121173.jpg

[PR]
by mackworld | 2008-11-22 01:34 | 笑点 | Comments(24)

きみたちがいるから

■オイラも頑張れるだす。

どこかで再掲されていますた。

随分以前に流行った
ワンコ鼻面写真の
数々だすなぁ

なつかしいから
ここでもご紹介するだす
作者さん かわいいから許すてねー



昨日、駅近くのワンコショップに行きますた
小さなかわいい命たちが いっぱい
でもアクリル窓を四方に囲まれ窮屈そうだした
窓に近づき手をかざすと
小さな舌をチロチロだして
精一杯のご愛嬌
そうだよねー
母親から離されて「暖かさ」に飢えてるもんね
子犬のあの愛らしさは
母性本能や夫性本能を くすぐられまする
あたりまえだすな
自然はそうなるように摂理でDNAに刻まれてるだすもん

ワンコいっぱい
だす
ほほえんでケロ

f0031417_8521832.jpg

 
[PR]
by mackworld | 2008-11-16 09:05 | ワンコ | Comments(24)

今日は 自転車のタイヤ交換やー

■会社もひけて門司駅について
さあ
チャリで帰ろうと漕ぎ出したら
ガッツンゴッツンと
自転車前輪がガタつくのであった

おー!
こりわぁ
パンクやー

ほんで普通にパンク修理をしたって
もう3年も乗り回してチューブもボロボロやろうなー
と思い
今日、ぜぇぇぇんぶ交換すた

f0031417_1739979.jpg


つるつるタイヤが
ギンギンタイヤに
へんしーん
交換費用4,000円(高いのか?安いのか?)
自前でセンター売りの部品だけなら1,800円程度らすいが
手作業でやるには工具もなすやしなー


悪い癖で付属品も購入
バックミラーもくっつけた
f0031417_17424127.jpg

百均で100円のくっつけておったが後ろが全然見えんバックミラーやったけん
金1,400円の豪華ミラーにすたった

つでにライトもこうたった
f0031417_17444065.jpg

高輝度ライトで電池交換をしばらくせんでもええやっちゃ
自力ライトは坂道ではかなりの労力が必要で・・つい無灯火運転やもんね
金2,600円也

うーむ
チャリだけで8千両とはなー

またまた、ついでにレンタルビデオ屋(ゲオ)に寄ってすもた
借りたのが
子狐こんこん
山のなかぁぁぁ~♪
やのうて
路傍の石ぃぃぃ

すでに民放で放映済みらすいが
オイラはまだ見てなかったー



簡単な粗筋だすー

ある日少年は、ひとりぼっちの子ぎつねに出会った。
待ち望んだ春の陽射しを浴びて緑に輝く北海道の大地で…。
母ぎつねの姿はどこにもなく、子ぎつねは道端にうずくまったまま動こうとしない。
少年は、そんな子ぎつねを思わず抱き上げる。
東京から引っ越してきたばかりの少年の名は太一。
カメラマンとして世界中を飛び回る母・律子に置いていかれ、
たった一人で北海道の森の動物診療所に預けられた自分に、
ひとりぼっちの子ぎつねの姿を重ねた太一は、思わず話しかける。

「お前のお母さんも自由人か?」

妻を亡くして以来、太一が来るまでは中学生になる娘の美鈴と
二人暮らしだった動物診療所の獣医・矢島は、律子の恋人だった。
矢島と結婚するつもりでいる律子が、ひと足先に8歳の太一を未来の父親に委ねたのだ。
しかし、口が悪くて不器用な性格ゆえに人付き合いの苦手な矢島は、
太一にもどう接していいのか分からない。
美鈴もクールな現代っ子で、3人はどこかギクシャクした毎日を送っていた。
そんな3人の“家族”に、突然太一が連れ帰った子ぎつねが加わった…。
2006年春、一匹の子ぎつねが日本中に愛とやさしさを届けます

そうかそうか
小次郎と同じ捨て子やったんかぁ

北海道のタマキチどんが見ておったなら
ずえぇぇたい
泣いてただすなー

今日はこりを見て寝るだす

前回のコメヘンは
あす以降ねー
[PR]
by mackworld | 2008-11-08 17:48 | Comments(20)

もそっと どいてんかー

なかよく

連れションなのか

連れウンチョスなのか

すかす

よーひっくりかえらんと

器用なニャンコ達やなー

一歩ずれたら

どっぼぉぉぉーん やな


f0031417_10561728.jpg



こんな風に昨晩

飲みすぎたんやろか?

f0031417_1057030.jpg



最近のお気に入り
だす

平原 綾香

君といる時間のなかで




このひとは、清楚な感じが失われずにいる稀有なシンガーだすなぁ
ふっくらとした体型も好感が持てるくらいに おっとりとしてまする。
他の歌手の唄も彼女が歌うと、綺麗に自分の情感の中で変化させる
不思議な人だす。
初めて歌手として「ジュピター」で登場した時には、その音域の広さに唖然と
いたしますた。
それと同時にこれだけの声量があれば、唄に情感が込められるなぁと
感心もいたしますた。
ホルストドンはクラッシックの大御所なのに臆するところなく、きっちり自分の
唄にしてしまってるのが 可憐で大胆というアンバランスの妙でありますたな。
[PR]
by mackworld | 2008-11-01 10:57 | music | Comments(16)