カテゴリ:絵画( 24 )

月がとってもデカイからぁぁ~♪

遠回りしてかぁえろう~♪

すかす、これだけデカイと天体望遠鏡いらんだすな。

遠い遠い昔、45億年前くらい
地球に火星くらいの物体がどっかーんとぶつかって
大きなグチャグチャの塊になり
ぴょんと
中から「月」が生まれますた
しばらくは地球から見える「月」は
実はこれほどデカク見えたんだすよん

今の位置まで遠くに「月」が離れてくれたから地軸が安定して
プランクトン→アメーバー→脊椎小動物→魚→モルモット→お猿さん→人間
と進化をとげる事ができたのだす。

f0031417_21455925.jpg

[PR]
by mackworld | 2013-06-17 21:47 | 絵画 | Comments(12)

人物画なのだ

ほんで、最近のオイラはと言えば、控えめに苦手な人物画に挑戦すていたのだす。
まぁ親友の誕生日に、なにか贈ろう、それも自分だけにしかできないものをと
うんこら考えて、そや!絵かいたろー。
かなり時間がかかりますた。だいたいが人物画は、絵の構図やらなんやら頑張って
デフォルメしても、普通に貰う方とすては、あまりにも自分の顔と、かけはなれていては
げっ!これ誰?」と言われるのがオチなんだすもん。
だからひいこら言いながらの作業となる上に、まんま描くのもイヤだというヘンコタレなオイラの
性格だからして、着せ替え人形よろしくネクタイの色は変えるわ、ピンクのシャツは着せるわ
でキャハハ楽しいだすだす。
とりあえず今は春なのだからバックは植物園をイメージできるようなモヤモヤ感を、背景色に
ブルー~グリーン~イエローの色を10階調の30色に色見を分離すて重ねてまふ、まぁこれでは
見えないけどね(なんせ画素数を少なくしてるから画像粒子が粗い)。
顔つきがかなり怖いタイプのオッサンも、ここまでイジると可愛くなるという見本だすな。
個人情報漏洩だーと後々描かれた本人からゲンコツが来るかもすれんが、そん時はそん時。
実写公開ではなく、似顔絵公開ということで逃げまする

f0031417_139497.jpg


で完成がこれだす

f0031417_1394559.jpg

[PR]
by mackworld | 2012-03-30 13:09 | 絵画 | Comments(4)

最終目標の色彩

■様々な透明水彩部門の絵画があるだすが、有名な画家さんだか普通の画家さんだか
よくは知らないけれど、絵そのものの透明性では群を抜く筆使いなのだすなぁ。
見ほれるというか・・溜息が出るというか・・
静物画としては一級品の色あいだす
これっ!

f0031417_12481142.jpg

[PR]
by mackworld | 2012-03-30 13:00 | 絵画 | Comments(2)

LaLaLaの星空

久しぶりに絵画とーじょー。
大きな穴ボコに落ちました。
誰も助けになんて来ません。
声も届かない深い深い洞窟です。
うーん
と絶望的になり
空を眺めると
「天の川」の星たちが
はるか彼方に見えています。
むかし、この穴に落ちた者も
この星を眺めていたのだなぁ・・

そんな感じの代物でありんす。
少し希望のある風景なのです。
だから
LaLaLa
の星空なのだす。

ほれ

f0031417_13324584.jpg

[PR]
by mackworld | 2012-03-13 13:32 | 絵画 | Comments(4)

PCで絵をと

5年前に「水彩7」なるパソコンで描く水彩画というソフトで遊んでた頃の代物なんだすが、
その頃は妙に意欲的で好奇心の塊のような日々でありますた。
なんにでもチャレンジ出来る時期って、時間の制約があるからこそ、短い自由な時間を目一杯
駆使して直感的に動き回っておりますたなぁ、と懐かしく思い出しますた。

うん、なにやら訳の分からん構図ながら、今見ると不思議にその頃の「感覚」が蘇ってくるのだす。

f0031417_8275990.jpg

f0031417_8281860.jpg


色合いって、単調な方がインパクトあるなぁ~と、思ってすまったのだす。
あれこれ多くの色を複雑に重ね合わせると、確かにそれは人目を引くほどの色彩になり、精密に
重ね合わせていくと「作品」として売れる程の代物にはなるのだすが、技巧に走った分だけピュア
ではなくなっていくような気がするだすなー。やはり楽しんでる自分がそこにある時は、笑って
見れる安心感があるのだす。
[PR]
by mackworld | 2010-10-04 08:31 | 絵画 | Comments(22)

お手本参考に透明水彩の勉強中~♪

なんとも水彩画って難しいだす。
つい色を重ねて描くクセが出て「うっきっきー」と唸ってしまうだすなー。
お手本が高度で、しかもさらっと描いてあるだけに、なかなかうまくいかん。
ま、気長に少しづつ少しづつだすなー。
f0031417_0431142.jpg

f0031417_982024.jpg

[PR]
by mackworld | 2010-09-18 00:43 | 絵画 | Comments(22)

しかし、いくつになっても・・灰になるまでだすなー。

f0031417_17332594.jpg

じさまも「見てるだけぇぇ」でなく「好奇心」には勝てんだすなー。
なんか未来のオイラを見てるようであるぞ。
監視員か警備員に「こらこら!はぐっちゃいかんいかん!」と注意されて。
「いやー、大きないい額ぢゃのーと思ってな、わはは、いい額ぢゃ、ほんにのー・・・ぶつぶつ」
となるのは必定ぢゃなぁ。

流浪の民となって流離いの旅にでるのがいっちゃんよかかねー。
f0031417_1737585.jpg

でも、あんがいいいかも。
気楽で。
[PR]
by mackworld | 2007-07-29 17:38 | 絵画 | Comments(20)

子供の日には・・・木登りして鯉登りを眺めようっかなぁ。

f0031417_13152797.jpg

壁紙にもできるよ(画像をクリックしてごらん)。

某サイトに出てたんで、お見せするだすよん。
これ誰だっけ・・と思案するのも また楽しいだすなー。
f0031417_2172687.jpg

[PR]
by mackworld | 2007-05-03 13:16 | 絵画 | Comments(40)

光輪の迸りなのか、来臨なのかは分からないが・・・

この1年で見た絵画の中で、見飽きず眺めているものがある。
緑の背景が語りかけて来るものが、いったい何なのかは理解できないままに1年が過ぎようと
しているが、とても安らぎを感じさせてくれる存在がここにある。
f0031417_23575733.jpg

クリックで大きくなり、細かな部分まで見えてきます。


もう数十年たってこんなになってもパソコンに向かっているであろうmackだすぅぅぅ。
f0031417_854864.jpg


では、まだまだ数十年おつきいあい願いまする。
[PR]
by mackworld | 2006-12-30 23:58 | 絵画 | Comments(26)

雪のような、おふとんだす・・・

f0031417_12371751.jpg

f0031417_12393158.jpg

ここで休みたいっていう奇特な方はいまへんかー?
なんだか北欧(スウェーデン)にある「アイスホテル」を思い出しますな、16年間も続いてるホテルで全部「氷」と「雪」で出来ているホテルだす。
f0031417_1381099.jpg

夏場には解けて跡形もなくなるため希少価値があるという幻のホテル。
室温は-5℃に保たれているそうで、ベッドはふかふかの獣毛 結構温かいそうだす。

真っ白な雪の布団はどうなんだろうか、眠れんだろうなー。
まぁ、だまし絵の世界には なんでもありと言うことで お許しを。




いま、ブックバインディング・カフェのオブジェちゃんとこに行ったら、こんなん紹介してますた。
「母親」って深いなーと思いますた。
そういえば「ありがとう」ってお袋に言ってないなーとか、来年こそ会いにいかなきゃとか、色々
考えてしまっただす。
泣きたい人だけごらんあれ。

ありがとう→クリックで飛べまする。

紹介してくれたオブジェチャンに感謝。
親孝行しなくっちゃね、ほんとうに。
[PR]
by mackworld | 2006-12-02 12:46 | 絵画 | Comments(26)