カテゴリ:music( 58 )

昭和レトロ(1)

 1958年にフランスで開発された「ソノシート」。
 これは塩化ビニールのシートに溝を刻んだ薄くて透明なレコードのこと。
 大きさはEP盤サイズのものが多い。
f0031417_10080001.jpg
 小学館の『小学一年生』などでは、手回しのレコードプレーヤーのペーパークラフトとソノシートが付録にされることもあったという代物だした。
 オイラが手にしたのは高校1年生の頃だったかなー、1965年サラリーマン平均月給30,300円、シングル330円、LP 1,500~2,000円の時代に親父が右端の贅沢ステレオを買いますたのん。
 これね。右端の
f0031417_10070383.jpg

 音響設備は最新鋭の機器なのに、レコードがシングルでも330円(今なら6倍の1,980円くらい)
という高額でLP版に至っては2000円(現在価格なら12000円)という代物は学生の小遣い程度では
到底手が出せないから、雑誌の付録についてくるソノシートで音楽をゲットするしかなかっただすな。
 今どきのオネーチャンが見たらこんな顔して不思議がりまする。
f0031417_10073613.jpg
 まぁ、硬質のレコード盤すら知らない世代だしね。
 ビローンと盤が曲がるのをみて、こんなんで音が出るのか?! と不信そうだすな。
f0031417_10074850.jpg
 これを、おもむろにプレーヤーに乗せて回転させると、あら不思議音が出るー。
 エジソンも「よしよしヒッヒッヒ」と淫らな声をあげたことでせふ(笑)
 ちなみにソノシート曲げて「ひょえ」と言ってるのは音楽雑誌のレポーターさんだす、あしからず。
   




そうなのか?
f0031417_14474386.jpg




[PR]
by mackworld | 2017-08-24 10:19 | music | Comments(20)

メロディ

何度も聞けるから
良い曲なのだなぁ

思う。
彼の曲はどこか歌謡曲的でいて
子供も歌える愛唱歌にも思える。
奇行で変人扱いされることの多い人だが
だぶん
基本的に「優しい人」なのだろうなぁ

[PR]
by mackworld | 2017-01-10 20:42 | music | Comments(8)

カラオケ・バトル

TVで見ていて「アホくさー」と思った。
もそも点数化することがおかしいねん。
これはコンピューターに踊らされてるタコ番組やなぁと思うし
確かにカラオケ店では点数が表示されるマシンだらけだけれど
そこで高得点という歌い手が全く唄が美味くないのは何故だ?
これはパソコンゲームと同じで機会が求めた数値に近い息継ぎや音程合わせだけで
高得点が得られるだけの代物やんけ。
まともに
「唄」そのもので人に共感を覚えさせたものが聞きたいねんオイラは。
(だったら見なきゃええやん、という突っ込みはパス)
でね
今、歌いたいのは、やっぱこんなんだす。


この唄は、若者には絶対に歌いこなせない難解な唄なのだす。
オイラも40歳代から挑戦したけれど無理だった、これは関西のソウルミュージックなんだすなぁ。
だから風景が脳裏によみがえるような臨場感を関西で過ごさないと歌いこなせない。
育ってないけれど、関西人の気持ちになって歌うには心に痛い傷を負った人生を持たないと
歌えない世界なんだすなぁ。


前川さんは人柄も良く会うととても気さくな人なのに、いったん歌いだすと別世界を持っておられる
凄い歌手さんだす、この録画は音響も悪く、スタジオで歌う程には音の広がりもない舞台で
後ろで和みながら住民が首を同期させて降ってるのも微笑えましいけれど、少し寂しい。
それはこれほどの歌手でも生歌は厳しいくらい音抜けが悪い、そんな環境下で歌っても
この唄の良さはちゃんと伝わってくりから、さすが前川どんでありまする。


今日のカラオケ・バトルで姉ちゃんが歌ってますた。
マシン用の歌い方で、そこそこには美味かった
でも肝心な何かが徹底的に違うよなーと思ったのだす、素人的に上手に歌えても欠けているもの
それは一体何なのだろうと。
でここにプロの唄を引き合いに出してみますた。
あ、滑らかさだわ。偽物のソフトクリームと生乳100%の本物のソフトクリームの差みたいな。
それは仕方ないよね、際物のようなタコバトル番組とプロを比べるのは。
でもね、音楽って、やっぱプロが1000回リハーサルやって熟して歌ってるから聞き手は「うーん」と
唸れる瞬間がやはり欲しいのよね、たとえ素人でもタイやフィリピンの素人さんが街角で歌ってるのが
やたらプロより旨いという番組もあって、あれは「おープロ以上ぢゃん」と感激したりするから。
丁寧に歌って欲しい、マシンに合格するような歌い手さんはあまりも悲しい。

まぁ、爺ちゃんが最も好む音だよねと言われればそこまでだけんぢょ。
歌詞がええねん、で歌もええねん、ほんで歌い手さんもええねん。
[PR]
by mackworld | 2016-10-12 20:55 | music | Comments(2)

スタジオ探しに行きますた。

小倉という街は、わずかながらスタジオが近場に4軒あるのよねー。
ほんでもって孫つれて(子供も作ってないのに孫がいるのんぢゃmackには)無理やりスタジオで
クラリネットの試し吹き、運指で苦労しておりますた。
シンセサイザーは、まず電源ONOFFが分からん、しばらくして電源ONしたはいいが音が短音しか出ん
スイッチ多すぎなんぢゃー。
f0031417_12514090.jpg

ドラムはスティック持参してなかったからポンポコポンの狸音頭をバスドラでドコドコ打ちますた。
f0031417_12515710.jpg

使用料金は1時間一人500円はかなり安い、島村は1080円だもん。
おまけにアンプ類が4個もあるから結構遊べるぞい
f0031417_1255487.jpg

f0031417_12552782.jpg

f0031417_12555568.jpg

一番音抜けがよかったのはローランドのこれ
f0031417_1257752.jpg


気分的にはこんなセッション組めたら楽しいだろうなぁ(友達の演奏だす)。


喉が渇いたので串揚げを喰らいますた、孫もハイボール大をゴクゴク飲んでおりますた
f0031417_12591092.jpg

おまけで鶏軟骨と大阪どて焼、ポテサラも登場
f0031417_1304449.jpg


帰りに元バンド仲間でベース弾いていた若狭くんに会いにいきますた。
ベースやらんか?「うーん今は休みなしの勤務だからねぇ」と忙しく働いてる様子だった
彼の自信作の豚骨ラーメン500円(安っ!)を喰らって帰りました
f0031417_1374662.jpg

f0031417_13231646.jpg

f0031417_1381266.jpg

孫はレンタルレコード10枚も借りてますた
全部聞き終わるのは1週間後やなー。声が安室そっくりなのでカラオケで全曲歌ってもらいませふ。
[PR]
by mackworld | 2016-09-14 13:05 | music | Comments(24)

楽器店って「夢」があるだすな。

島村楽器店に行ってみた
f0031417_12344484.jpg


様々な楽器が勢ぞろい
f0031417_12352427.jpg

f0031417_12354032.jpg

f0031417_12363119.jpg

アトリエ
f0031417_10314623.jpg

f0031417_1238555.jpg

クロマチックハーモニカ(24,300円)
f0031417_12425271.jpg


でも当面好奇心をそそられるのは
ウククレレなのに6弦ギター風味(ギタレレ)
f0031417_11234612.jpg


ローランドの電子ドラムセット(初心者用6万円)
f0031417_12394410.jpg


ビートルズのポールが愛用していたバイオリンベース
f0031417_12403261.jpg


不思議な楽器
f0031417_1016258.jpg

[PR]
by mackworld | 2016-09-11 12:37 | music | Comments(24)

シンデレラガール

Zendee Rose Tenerefe



再放送の「アンビリバボー」を見ていたら、フィリピンの女の子Zendee Rose Tenerefeが
ユーチューブ動画で一躍世界デビュー。



 歌唱力がホイットニー並みのうまさ。
日本ではタコ臭いAKBやら高校生の学芸会程度の、とても歌手とは選別しがたい子のオンパレードな
音楽世界だがフィリピンでは超絶歌唱力を持った少女が育つんだろうなぁ。
 ただしオイラの知る限りでは「沖縄」の女子は別格で普通の会社員なのにマドンナをさらっと歌える女子がいて随分驚いた事がありまするが平成10年頃のはなしだしなー。
 ともあれアジアには至宝の歌い手さんがゴロゴロいてまする、日本も、もっと歌手の質を堀おこせー。
[PR]
by mackworld | 2016-06-19 13:14 | music | Comments(4)

こんな偶然なら あってもいいよね。

 フィリピンのとある教会で、葬儀が執り行われていました。
亡くなったのは7歳の男の子トレビー君。
 早過ぎる死に、悲しみに暮れる家族。そんな中、トレビー君のお母さんであるアルマレスさんは、涙を見せず気丈に振舞っていました。
 しかし、葬儀中に起きたある奇跡を目の当たりにし、涙が止まらなくなってしまうのです。
トレビー君の棺につけられた白い風船。
 フワリと空中に浮くと、なんと母親であるアルマレスさんに近づいていきます。
アルマレスさんの側にきた風船は、ずっとその場を離れません。
 まるで「お母さん、悲しまないで」と、亡くなったトレビーくんが寄り添っているよう。
 涙を流しながら、アルマレスさんはわが子のように風船を抱きしめます。
 息子からの静かなメッセージ。
 大切なわが子を失った悲しみが癒えることはありませんが、ほんの少しだけ、アルマレスさんも慰められたのではないでしょうか。





「ひるおび」のエンディングに流れているスタレビの新曲がいいなぁ。




スタレビといえばこれなんだよなー、名曲だから数十年も生き残って50年の歴史を生き残って行くのだろうと思う。





モーリス・ホワイトさんの歌声が偲ばれる
彼の代表曲
いつ聴いても時空を超えて「いい歌だなぁ」と思えまする

[PR]
by mackworld | 2016-02-24 16:38 | music | Comments(16)

槇原くんが作詞作曲で遊んぢゃうと

アホな体操でも
歌ひとつで
笑いながら見てられる
そう
バカだよなーツカジとか言いながら
リズムに乗ってしまう このアホらしくも
無駄に揺れてる体操はなんなんだー
深夜番組でウッチャン主導のコント番組(ライフ)で
流れてるイカ大王体操第2

しかしツカジ頑張ってるよなー
意外と歌えてるじゃん高音伸びてるし
槇原くんのイカに対する思い入れハンパねーなー歌詞も泣けるし
子供なら一緒に踊りだしそうな楽曲に仕上げるあたり槇原くんやるねー
などなど
楽しめますた
では
どーぞお聴きあれ


きのう知人と話していたら
「雨降り好きですよ、屋根に当たる雨音聞くといいよねーって思う」
「それはショパンだねー気分が」
「ああクラシックの雨だれですね」
と会話が流れて行った
ふーん珍しい雨音が癒しになるとは
そう思いながら以前このブログでも紹介したこの曲が脳裏をかすめた

この歌詞はまだ翻訳を見たことないままだったなぁ
など思いながら歌詞を引っ張り出してみた
(お、作曲はバート・バカラックだったんだ曲がいいわけだわ)
writting by Burt Bacharach & Hal David
明日は雨だから辞書片手に歌詞の中にゆらいでみるのも悪くないなぁ
f0031417_4185486.jpg

f0031417_4191253.jpg


げっ
いくつも当てはまる
脳が不健康だー
旅に出なきゃアカン


不健康脳チェックリスト

(1)メリハリのない単調な生活
(2)昼夜逆転の生活
(3)6時間以下の睡眠時間
(4)仕事を家にもち込む
(5)土日にもパソコン、スマートフォンを手放せない
(6)1年間旅行に行っていない
(7)最近、山や海に行っていない
(8)利き手しか使わない
(9)ここ1週間で新しい出会いがない
(10)新しい習い事をしていない
(11)最近、デパートで衣服を見て買っていない
(12)ボランティア活動に参加していない
(13)毎日神様に手を合わせていない
(14)大笑いしていない
(15)天気のいい日でも月や星を見ない

いかがでしたか? 半分以上当てはまった方は、もしかしたら“不健康脳”の予備軍かも!?

脳と生活習慣との関わりについては、加藤先生が1万人以上の脳画像を一人一人面談しながら分析した結果、もたらされました。

「私が考える“健康脳”とは、全体がバランスよく使われている脳です。脳も衰える、老化だから仕方ないというのは大きな誤解です。脳は100歳まで成長し続ける可能性を秘めていて、できるだけ劣化せずにいられるように整えることができる臓器なのです」(加藤先生)
[PR]
by mackworld | 2016-02-20 02:29 | music | Comments(6)

演歌は今 中島みゆきと出会った

泣いてください


この歌手は前から演歌歌手らしくない曲を歌うから面白いよなぁと
思っていたら、中島みゆきさんが曲を提供してました。
あの暴れん坊将軍「吉田拓郎」すら骨抜きにしてしまう魔女のみゆき女史が
夜桜・坂本冬実さんに曲を贈るとこんな風に曲で泣かすのかーと唸りました。

あ、そうそう以前「白岳しろ」という焼酎のCMでこそっと前川清どんが歌っていたの
どこかのディナーショーで録画した人がいてYoutubeにUPしてましたんで
今日は演歌続きでどーぞ

CMはこれね

カラオケで歌いたくなったらこれね

[PR]
by mackworld | 2016-02-02 01:16 | music | Comments(12)

パリ市民に捧ぐ


[PR]
by mackworld | 2015-11-16 22:42 | music | Comments(6)