もう初夏だというのに

f0031417_18211782.jpg


スターダストレビューの「木蘭の涙」がやたら聞きたくなって買いに行った。
14年も前の歌の、どこに魅かれたんだろ?
曲だろうなー、彼らのライブを聞いた時からずっと耳に残っていた。
歌詞はあまりに切ない内容だから、時期的に琴線に触れるのは「春」なのだろうけれど、
オイラの中では「初夏」のイメージなんだすなぁ。
「逢いたくて逢いたくて
 この胸のささやきが
 あなたを探してる
 あなたを呼んでいる」

うーむ、これは「失恋」の唄ではないか。
「得恋」もしてないのに「失恋の唄」かぁ
なんかずれてるだすなー今日は。
長い人生で「好きと嫌い」は紙ひとえ・・と
経験して来たのにね。
でもこの唄にはそんな切ない悲しみが
伝わってこないからかなぁ。
もう一度聴いてみようと思い立ったのは。

うー、なんか今日の黄昏時は人恋しいぞ
サントリーオールドでも呑むか。
[PR]
by mackworld | 2007-07-28 18:35 | 哀愁編
<< しかし、いくつになっても・・灰... 寝ぼけてるのか・・風呂掃除なのか・・ >>