パリ市民に捧ぐ


[PR]
by mackworld | 2015-11-16 22:42 | music | Comments(6)
Commented by tamakiti at 2015-11-17 08:29 x

憎しみの連鎖・・どこかで切らなくては。


Commented by mackworld at 2015-11-17 08:49
■本当は今の中東の火種をオスマン帝国近辺で焚きつけたのはイギリスなのよねーアラビアのロレンスを政治的謀略でこき
使って。アメリカ・ロシアが束になってワイワイやったところでゲリラ戦線では無力化されまするベトナム戦争でアメリカ
がぼろ負けしたように。会話や対談では解決できないのが今回実行犯の北欧外国人達の存在、フランス人が母国の一般市民
を大虐殺しているようなものだから事は複雑でありまする。
Commented by ttamutamu55 at 2015-11-17 16:00
映画のワンシーンみたいな事が、現実にパリの街中で起こるなんて信じられない事です。
Commented by mackworld at 2015-11-17 16:46
■チビタムどん
まだ日本は海に囲まれ外部からのビジターチェックや銃器火器検査も徹底できるけれど、欧州は国境をなくし交流自由化で
どんどん入り込めるからベルギーのテロ調達地域からノーチェックでスコスコ入り込めるんだすな。
Commented by natnoz_39 at 2015-11-19 16:09
人間のやることなのか・。と・・・疑問ばかり湧いてくるけれど、
今や、脳もなにかでコントロール出来る時代と言われてるから。人間ちっぽけな一人の意志で、あのような惨劇は作れないはずです。絶対に誰にでも良心があるはず。
小さい時から大人に育成されて、教育されて、洗脳されて、人間じゃない人間なのかもと考えると・・悲しいです。
やっぱり何か衝撃な出来事を体験しないと、人間は目覚められないのかな。・・・。
残念です。
Commented by mackworld at 2015-11-21 09:48
■舞妓はん
カルト集団化してますなぁ、オウムもそうだったように狂信的思想は人類滅亡に向けてひた走り、やがて人類や生物全般、ひいては地球をも破壊してしまうよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小次郎 ぐれる 友達の見舞いに門司港へ >>