沖縄ことば

まずは
絵を見てケロ

f0031417_2122751.jpg


沖縄には友人が3人いますが
その誰もが
明るいし
暖かいだす

言葉の歴史を少し紐解くと

本土の方もですが、沖縄本島の方でも間違った意味で
受け止めてるかたも多いと思います。
「なんくるないさ?」=どうにかなるよ? 何もしないうちから「どうにかなるよ?」と
恥ずかしいことに大人の方も平気で使ってるようですが・・・・
人間100%を目指しますが、完璧な人間はほとんどいません。
99%一生懸命がんばったら、残りの1%は神に委ねる・・・
その1%に あとは「なんくるないさ?」と言うようですよ。
まさに沖縄版「人事を尽くして天命を待つ」ですね。

「なんくるないさ」と言う言葉は、単体では「どうにかなるさ」 と訳せるため、他力本願的な使い方がされがちですが、本来は「真(マクトゥ)ソーケーナンクルナイサ」というセットになっているのだそうです。
 (人として)マクトゥ ソーケー=正しいことをしていれば ナンクルナイサ=どうにかなるさ
 人事を尽くして天命を待つと言う言葉に匹敵する重たい言葉なのです。
 「やるだけやってだめだったら結果も受け入れよう」、そんな、 仕方ないけど自分の範疇を超えた山に出会ったとき、人は一生懸命努力して、最後のステージでいうのでしょうね。
 ちなみに,何も考えずに「どうにかなるさ」というのは、『チャーニカナイサ』になります。
だそうなぁ

行逢りば 兄弟 (読み方 いちゃりばちょおでぇ )
意味 出会う人は兄弟のようになるもの
説明
大和(本土)の「袖触れ合うも多生の縁」です。(前世からの縁という意味。)
沖縄のこの言葉の後に続く言葉は「何隔(ヌーヒダ)てのあが、語てぃ遊ば」
(隔たりなんか無いよ、酒をのんで語り、歌い、踊りましょう)。
ウチナーンチュ同志では使わない言葉で、琉球として国交貿易などで異文化
と共に歩んだ歴史のある、沖縄独特のことばです。

沖縄言葉って
いいなぁ
[PR]
by mackworld | 2015-02-27 21:05 | 日々雑感 | Comments(6)
Commented by peko_tin at 2015-02-28 09:15
沖縄の方言って、短い言葉でも日本語では完璧に訳せないほど意味の詰まった言葉が多いんですよ~。
でもその素晴らしい方言が、若者たち独特のものに代わってきていたり、
日本語に間違って訳されたりしていると
まさしく今朝我が母と伯母が嘆いていました(^ ^;)
Commented by jinsei_rarara at 2015-02-28 09:20
鹿児島、宮崎、大分、熊本、福岡のは友人はいますが
沖縄にはいなくて・・・。
あ、いたいた!
結婚して島袋さんという姓になった友人がいます。
前に逢った時、お互い関西に住んで長いのに
まだ長崎弁でしゃべってました。
わたしら何年たってもなおらんねーってなもんです。
あ、方言の話じゃなかったったいね。
Commented by mackworld at 2015-02-28 10:32
■ららら
長崎弁って博多弁とは少しづつ微妙にニュアンスが違ってるのがいいだすな。佐賀弁は「◯◯けんがぁ」と言うのが印象的でありますたが、長崎弁の顕著な特徴ってなんだろー?
Commented by mackworld at 2015-02-28 10:34
■ぺこてぃん
んーまるで「英語」の世界だすなー、単語に様々なニュアンスが含まれているというのは。
Commented by natnoz_39 at 2015-03-03 10:27
ちゃんと意味を調べたことがなかったです。なんくるないさーってよく聞くけど、深いですねー
Commented by mackworld at 2015-03-03 14:30
■舞妓はん
オイラがその言葉を知ったのはNHKドラマで堺正章どんが沖縄弁で何度も言っていたので覚えますた。
方言は土地の風土だけに深淵でありまするなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ミニコント① ねむいのぢゃ >>