学校の先生って

子供が小学校で出会えた先生が、一緒に物事を考えて歩んでくれたら
それはとても嬉しく、ありがたいことでありまする。
f0031417_031414.jpg

mackworaldの友人が、子供の教育について講演会があり、「褒める」より「勇気づけを」という
お話を聴き、とても好感を持って聞けたという記事を読み、オイラも最近琴線に触たお話をご紹介。

その女先生が5年生の担任になった時、ひとり服装が不潔でだらしなく、
どうしても好きになれない少年がいました。
中間記録に、先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていました。
ある時、少年の1年生からの記録が先生の目に止まりました。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」
とあります。
間違いだ。他の子の記録に間違いない。先生はそう思いました。
少年が2年生になると、
「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていました。
3年生のときには、
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」
との記述がありました。
3年生後半の記録には、
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」
とありました。
4年生になると、こんな記述で結ばれていました。
「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう」
先生の胸に激しい痛みが走りました。
ダメと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いてる生身の人間として
自分の前に立ち現れてきたのです。
先生にとって目を開かれた瞬間でした。
放課後、先生は少年に声をかけました。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
 あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」
少年は、先生に初めて笑顔を見せました。
それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けました。
授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こりました。
少年は自信を持ち始めていたのです。
クリスマスの午後でした。
少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきたのです。
後で開けてみると、それは・・・>>>
先生が僕を救ってくださったのです
少年が先生の胸に押しつけたもの、それは香水の瓶でした。
亡くなったお母さんが使っていたものに間違いないようです。
先生はその1滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねました。
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫びました。
「ああ、お母さんの匂いだ!今日はすてきなクリスマスだ」
少年は6年生になりました。
6年生では、先生は少年の担任ではなくなりました。
卒業の時、先生に少年から1枚のカードが届きました。
「先生は僕のお母さんのようです。
 そして今まで出会った中で一番すばらしい先生でした」
それから6年が経ちました。またカードが届きました。
「明日は高校の卒業式です。
 僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
 おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」
10年を経て、またカードが届きました。
そこには先生と出会えたことの感謝と、父親に叩かれた体験があるから、
患者の痛みがわかる医者になれると記され、
さらにこう締めくくられていました。
「僕はよく5年生の時の先生を思い出します。
 あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を
 神様のように感じます。
 大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
 5年生の時に担任してくださった先生です」
そして1年後。
届いたカードは結婚式の招待状でした。
「母の席に座ってください」と1行、書き添えられていました。

すこし、ほっこり しましたか?
[PR]
by mackworld | 2015-02-16 00:08 | 日々雑感 | Comments(14)
Commented by mika-96 at 2015-02-16 01:40
夜中に真剣に読みふけってしまいました。。。
Commented by mietin417 at 2015-02-16 06:31
わぁ~♪
心がほっこりしました(*´∀`*)
まっくさんは色んな引き出しを
お持ちで凄いですね~
いいお話しが聞けて嬉しかったです
ありがとうございます。。。
Commented by peko_tin at 2015-02-16 07:25
このお話には、私もすごく感動して旧ブログに載せました。
先生との出会いって、時に生徒の人生をも変えることがあるんですよね。
久しぶりにこのお話を読んで、先入観や表面だけで人を判断してはいけないと、
自分に言い聞かせたのを思い出しました(*^.^*)
Commented by mackworld at 2015-02-16 08:42
■mikaはん
母親なら真摯に捉えられる内容だすなー。
今の小学校の先生って我ら団塊世代の孫みたいなものだから
その父母はせいぜい40歳~45歳くらいかなぁ、火星人が異星人を産んでるようなものだから、先生といってもガキがガキを指導するような世界を連想するだす。
それだけに人間性を深く感じさせてもらえる教師に出会えたら、それは子供にとっては大変幸せなことだすな。
Commented by mackworld at 2015-02-16 08:44
■美恵ちん
明日からドラエモンマック=ドラマックと読んでケロ。
ドラマチックでええだすな(笑)
Commented by mackworld at 2015-02-16 08:52
■ぺこてぃん
感性が同じなんだすな、益々親近感がわきますな
なに・・はた迷惑ってか(笑)
pekotinがいくパート1全部読み切れてないだすな、ペコティンというニャンコのお話から試読しなきゃね。
オイラは先入観の塊だから身にしみるのよねーこの手の話。
学生時代は教師評価欄に「全く落ち着きがありません」しか書かれなかったもんなー、たぶんアスペルガー症候群だったのだろうと思われまする、中学校のIQテストで150の結果が出てから教師の反応が激変したのが笑えますたが。
Commented by reikogogogo at 2015-02-16 15:25
Mackさん、またしても涙です。
ハッとする画像、尻ごみする画像、涙が出るほど笑い、しんみり涙をながす。
真面目か?不真面目か?Mackなる怪しげな人間の存在。
東京生まれ、東京育ちの従姉妹が博多に嫁いで、博多弁になり味のある医師になった。
博多はそういう人を育てる所かな?
Commented by mackworld at 2015-02-16 16:46
■reikoはん
頑張って尻込み画像を発掘するどー。
ちなみに
博多は「福岡市」、でオイラは「北九州市」なんだすなぁ。
博多は商人の町で垢抜けてまするが、北九州人は鉄鋼の町で
奇人変人の巣窟でありまする。だから典型的なアホが生まれまする、どうぢゃーうらやますいかぁ(笑)
Commented by atomota at 2015-02-16 17:41
教師といえど、感情的に生徒を見てしまう場合もありますね。
私の場合、どの学生にも感情的にはならないように心がけてます。
いえいえ決して褒められようと思っているわけではなく
そういう心構えをしていないと、ついつい1行目の話に戻ってしまうからです。
Commented by mackworld at 2015-02-16 17:59
■アトムどん
さすが現職の「教授」だすなー、えらいっ。
オイラは覚えの悪い部下には「アホっ」と言いたいのを控えるのに苦心した記憶がありまする。
特に女性は厳しく注意すると「うえーん」と泣き出したりで、泣きたいのはこっちぢゃわいと悩んだ事もありますた。
結局はヒューマンリレーションを根気強く根付かせるしか解決の糸口はありまへんだした。
Commented by jyo-yama2 at 2015-02-16 23:52
mackちゃん すばらしいお話をありがとう。涙が出そうになった・・・。
Commented by mackworld at 2015-02-18 01:17
■jyoちゃん
貴女も教師だっただけに、人一倍キュンと来るだすな。
悲しい涙は辛いけれど、感動の涙はいいよね、それがあるから教師冥利につきるんだっしょなぁ。
Commented by fuchanmama at 2015-02-19 01:01
名古屋に住む義妹が このお話を読んで泣いたそうです。
次男のことで辛い思いをしていた頃 良い先生に出会ったそうでその頃のことを思い出したようです。

今も良い先生は居ると思うけど 昔の先生は情がありましたよね。
私も感謝している出会いがありました。
ウン十年も昔だけど 其の先生のお顔は今でも目に浮かびます。
Commented by mackworld at 2015-02-19 21:57
■ふっちゃんママ
ほう名古屋まで「話」が飛びますたか、全国区になっただすなー。
いい先生に出会える確率はとても低いだけに、宝物だすな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< とうりゃんせ あっらー >>