この頃までがASKAが舞台で生きてた時代だったんだ



声量もミスチルに負けてないし。
嬉しそうだし。
観客もノリノリだし。
ひとつの時代を作ってたんだよなー。
ここしばらく
TVで何度も出る彼の顔写真目にするたび
そう思う。
[PR]
by mackworld | 2014-10-03 20:35 | music | Comments(4)
Commented by jinsei_rarara at 2014-10-05 19:01
もしかしてもしかして
復帰してきたら
どうなるんでしょうねえ?
Commented by まっく at 2014-10-05 19:33 x
■松山千春あたりは復帰を応援すると息巻いてるらしいぞ。
でも多分、復帰してもCDは売れまへんな。
ラジオあたりで細々と歌うくらいかなー。
Commented by yukiwaa at 2014-10-06 18:44
なんで、あんなふうに狂うんだろう?
社会的に成功して、家庭もあり・・それなのに、彼はきっと
甘えていたんだと思う。
バカだよねーー。ああユウ風になるように生きていたのでしょうか?
Commented by mackworld at 2014-10-08 01:46
■雪わぁぁさん
たぶん才能で行き詰ったんだすなぁ、ビートルズでも大麻・LSDやってたしね。大衆の期待に行き場を失ったんだろうと思うだす。
ヒット曲って量産できないのに時代の寵児には「もっと作れ」と利権がらみの輩が背中をドンドン叩くから無理もないけれど「薬物」で高揚しても
薬が切れれば虚無しか待ってないだろうからねぇ。
アスカリョウあたりで「君が御胸にぃぃ~」と蘇州夜曲を歌ってる頃は少し大人になれた様子だったけれど跡が続かなかった。
数十年後に枯葉のように静かな落ち葉唄を歌えれば歌手としての力はあるのだから復活できるかもすれんだすな、それまでオイラは生きてはいないけれどね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< じわじわ接近中、後続の19号さ... 毒蛙かなー >>