他人の目は厳しいの巻

今時の若者の目線を某所で紹介されていたのだ
笑えるから読ませてあげまふ。

貧しいことは悪いことではありませんが、貧乏臭い習慣があると女性に引かれてしまうようです。「デート中、なぜか女の子に突然嫌な顔をされる」という男性のために、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「『コイツ、貧乏男子!』と確信する残念なクセ9パターン」をご紹介します。

【1】ことあるごとに貧乏ゆすり
「人を不快にさせる男は出世もできないはず」(20代女性)と、周囲の人間に嫌な顔をされる貧乏ゆすりをすると貧乏認定されるようです。自分はストレス解消できるかもしれませんが、周りの人にストレスを与えてしまうので貧乏ゆすりは一人きりのときだけにしたほうがいいかもしれません。
※確かに昔から貧乏ゆすりする男は将来性のないボクチャンが多かっただす。

【2】ずいぶん昔のレシートも財布に入れっぱなし
「自分が何円持っているのか把握しづらいと思う」(20代女性)と、財布の中がゴチャゴチャしていると金銭管理ができていないと思われるようです。家計簿をつけるためにレシートをとっておきたい場合などは、お金とは別に保管するようにしたほうがいいかもしれません。
※レシートねぇ、オイラはエクセル会計管理だからクリアシートに全部投げ入れ夜に記帳してまする。
  いつか警察に逮捕されそうだからアリバイ用にええかもーと思ってるのだ。

【3】「それいくら?」とすぐに値段を聞いてくる
「『似たやつがもっと安く売ってたよ』とか言われると腹立つ」(30代女性)と、すべてをお金に換算して見ると貧乏男子だと思われるようです。直接値段を聞くのではなく「それかわいいね!高かった?」と、その品物を褒めつつさりげなく聞くといいかもしれません。
※女子に聞くよりあげるほうが多かったからこれはないだすなー

【4】タバコをぎりっぎりまで吸う
「手を火傷しそうなぐらい吸ってて引いた(苦笑)」(20代女性)と、嗜好品であるタバコを節約しすぎると貧乏のイメージがついてしまうようです。コンビニなどで売っているヤニ取りフィルターをつけるなどタバコを長く見せる工夫をすると、ぎりぎりまで吸っても貧乏臭く見えないかもしれません。
※さすがに肺がんが心配だから半分しか吸わないなぁ、止めればもっといいのは分ってるけど、ここまで生きたから、もういいわいなの心境。

【5】ご飯をかっこむように急いで食べる
「久しぶりにご飯を食べた人みたい」(20代女性)など、焦って食べると、まともに食事もとっていない貧乏男子だと思われるようです。「私も早く食べないと」と、女性にプレッシャーを与える可能性があるので、相手のペースに合わせたほうがいいでしょう。
※飯を早食いするのは満腹中枢が刺激されず肥満の元でありんす、オイラは酒が入ると肴2品あれば2時間呑めまふ。

【6】他人の失敗をすぐに揚げ足取りする
「金銭面で勝てないから、なんとか勝てるポイントを探してそう」(20代女性)と、他人の粗探しをするような心に余裕がない男性は、お金にも余裕がないと思われてしまうようです。「誰でも失敗はするよね」とフォローしたほうが「満足のいく生活を送っていて心が寛大な男性」に見えるかもしれません。…
※若い頃は自信がないから結構他人の批判してたなー、そうかそれでふられたんだー。

【7】割引商品に目がなくセールを行っている店で目を血走らせる
「『安物買いの銭失い』だと思う」(30代女性)などと、値段を重視して買い物すると貧乏男子の筆頭だと思われてしまうようです。自制するために「前から欲しかったものが値引きされていたら買う」など自分の中でルールを作るといいかもしれません。
※うへへ食品に関しては安くて良い食材を探しまくるから目が血走ってるかも、未だに。

【8】1日使い捨てのコンタクトレンズを1週間ほど使い続ける
「目の病気にもなり得るし、信じられない行動です」(20代女性)と、自分の体に悪影響を与える節約は避けたほうがいいようです。コンタクト代を節約したい場合はできるだけ普段は眼鏡をかけ、必要なときだけコンタクトを使うようにするといいでしょう。
※コンタクト自体危なげだから未だに黒ぶちメガネなのだ。

【9】洋服のシミや汚れを気にしない
「不潔な人って『ザ・貧乏』って感じがする」(20代女性)と、汚れたままの服を着ていると「衣類を買うお金すらない」と思われてしまうようです。どうしてもシミがとれない場合はその服を部屋着にして、外出時は清潔感がある恰好をするようにしたほうがいいかもしれません。 自分では「節約」だと思っていても、女性からすると「ただの貧乏」に見えてしまうこともあるようです。節約は他人の目に触れない部分だけにとどめると「倹約家」のイメージがつき、逆に女の子からの好感度もアップするかもしれません。
※若い頃は貧乏だったから(給与半分親に没収されてたし奨学金で借金させらてた小遣い銭も返金してたから被服は背広上下が1枚、クリーニングも月1回だったしなぁ。普段着は学生時代に買い込んだから結構あった。

長い記事になりますた、拝読御苦労さまにござる。
[PR]
by mackworld | 2014-10-01 11:57 | 日記 | Comments(6)
Commented by natnoz_39 at 2014-10-01 16:11
厳しいですねー
2.4.5.8.9は全然許せます。セコイと貧乏は違うと思います♫
お金もっててもセコイやつはセコイ。お金なくてもお金の使い方を知ってる人は、出世いたします♫^-^
Commented by mackworld at 2014-10-01 20:34
■舞妓はん
貴女と一緒に生活できる男性は幸せだすなー。
やっぱ記事を選出したのがごく一部のものだという証明だすだす。
Commented by jugon at 2014-10-01 22:24 x
まっくさん、こんばんは~!

何はともあれ、まっくさんが黒ぶち眼鏡ってことに、なぜかへ~~でした(^^)
まっくさんは目が良さそうなイメージでしたから。
私は裸眼だったら0.04です。見えない人の隣り組って感じ(^^)

若い頃は貧しくても健康ならいいですよね?
Commented by まっく at 2014-10-02 08:59 x
■じゅごんちゃん
目は悪いが顔は良いだすよー(嘘)
若い頃は貧乏が勲章みたいなもんで、周囲は全員給料安かった。
酒と言えば焼酎だし、飯と言えば焼き飯でありますた。
たぶん健康だけが原動力だっただすなー。
Commented by maranata1212 at 2014-10-02 20:41
読んだ。笑わなかった。解かった。
Commented by mackworld at 2014-10-03 08:52
■みやちゃん
なにかの宣伝(キャッチコピー)みたいだすなー
見た笑った疲れたみたいな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ニコンから新発売 夜中ににやたら腹が減った時に >>