8月29日公開だーLUCY

映画監督でリュック・ベッソンさんのものは何本か見てまする。
はずれの少ない稀有な監督さんだす。
こんな御方だす
「グラン・ブルー」「ニキータ」、ハリウッド進出作「レオン」が立て続けにヒット。その後も「フィフス・エレメント」「ジャンヌ・ダルク」などを監督したほか、プロデューサーとして「TAXi」シリーズ、「トランスポーター」シリーズを手がけ、ヒットメーカーとして活躍。
スピード感がパネェだすな、展開に流れがあって見ていて飽きの来ない仕掛けが満載でありまする。
そんな彼が
サイキックをテーマにやらかしてくれるみたいだす。
映画の大まかな紹介は
「スカーレット・ヨハンソンとリュック・ベッソン監督が初タッグを組んだサイキックアクション。ごく普通の生活を送っていた女性ルーシーは、台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。マフィアは、人間の体内にある物質を埋め込み、その人間を海外に送り出すことで物質の密輸を行おうとしていたが、ルーシーの体の中でその物質が漏れ出すアクシデントが発生。その影響により、普通の人間なら全体の10%しか機能していないと言われる脳の機能が、徐々に覚醒していく。脳の覚醒率が上がるに従い、超人的な力が解放されていくルーシーは、自分と同じような人間を二度と生み出さないためにも、マフィアの計画を阻止するために動き始める。」

SF好きアクション好きな御方には推薦だす。


[PR]
by mackworld | 2014-08-24 20:07 | 映画 | Comments(6)
Commented by はなママ at 2014-08-24 20:28 x
こんばんは! これは絶対面白そうですよね(^✪ܫ✪^)
私も楽しみです♪
Commented by まっく at 2014-08-24 22:39 x
■ハマママはん
彼の映画なら絶対損はしまへん。
行ってけろ。
Commented by atom at 2014-08-25 10:05 x
いや〜! おもしろそう!
日本映画でなくてヨカッタ。
Commented by mackworld at 2014-08-25 11:23
■アトムどん
平井和正・夢枕獏さんクラスの原作ならハリウッドで映像化しても
かなり良い線いくと思うけれど、邦画にするとダメだすなー。
陰陽師あたりで限界感じるもんなぁ、ヘタ過ぎ監督がボロ。
洋画だと安心して見ていられるだすな。CGレベルも格が違うし。
Commented by atom at 2014-08-25 15:36 x
邦画で銃をバンバン撃ってもリアルじゃないし
ほんとにありそうなストーリーでもウソっぽく見える。
要はヘタっちゅうことなんだなこれは。。
Commented by まっく at 2014-08-25 16:37 x
■アトムどん
金がないのかもしれんが、黒沢監督みたいなリアルでシビアな映画
作りがスピルバーグ達を刺激し続けてたのが嘘みたいだすな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< あんまり熱いので カヌーだカヌーだ、うれしいなぁぁぁ >>