サラリーマン時代の1週間

酒のウイークリーなんだけどね。
これの繰り返しでありますた、いったいいつ酒が切れるのかいな
という日々の連続。
経理部の時は上司が下戸で助かったけれど
総務部に異動になった途端、酒好き部長がそれこそ毎日下の
小料理屋で待ってるのよねー「仕事なんか明日の朝早く来て続きをしろ」と
無茶苦茶なオッサンでありますて当時24歳のオイラは「NO」とは言えず
毎日毎日カウンターで世間話、しばらくするとどこからともなく同僚や別部署の
酒好きがぞろぞろ来て集落化するから、家に帰れなかったなー

f0031417_14194271.jpg

[PR]
by mackworld | 2014-04-28 14:20 | 笑点 | Comments(6)
Commented by atom at 2014-04-28 17:01 x
ふふ〜ん。
そこで鍛えられたんですな?
そりゃぁ免許皆伝の酒飲みだわ。。
Commented by まっく at 2014-04-28 19:10 x
■アトムどん
父親は下戸だったから、酒は飲むと病気になると子供心に思って
おりますた、実際最初のビールはひたすら苦いだけでオッサン連中は
なんでこんなもん好んで呑むんぢゃろと不思議で仕方がなかっただす。

月日がたち、すっかり呑兵衛になってからはスナックやラウンジに通い
オネーチャンからちやほやされ挙句借金してまで酒場に日参していた
時期もありますた(400万は投入しただすなぁ)やっぱ酒は仲の良い
友人知人と2時間程度楽しむのがベストだすなぁ、はしご酒はあきまへん、信用失う金失う健康失うの三拍子でありもそ。

最近は月に1度街に出る程度に抑えておるだす、家呑みも月2回。
これが丁度良いだすなぁ、ただし月1の凱旋は朝帰りになるから2日間は病人状態になるのが玉に傷であるまする。
Commented by atomota at 2014-04-29 20:35
お酒というのは毎日チビチビやるのが
信用、金、健康を失わなくて済みまするが、
ずっとチビチビできないのが難点にごじゃる。
ときには加速して止まらなくなるので要注意じゃぁ。
今も悪友に勧められての悪酔い状態でごじゃる。
Commented by natnoz_39 at 2014-04-30 10:13
木曜から飛び込み準備して、金曜日はダーーイブ!!
だから新橋のサラリーマンさんたちの乱れっぷりが、そうなるんだってサラリーマンさんたちの気もちが、この絵でよくわかりました。おもしろい!なtっとく
Commented by mackworld at 2014-04-30 13:55
■アトムどん
昔「阿久悠」という詩人がいますたなぁ、きっと、その方はとても良き友人だすな。
Commented by mackworld at 2014-04-30 13:57
■舞妓はん
そう言えば東京出張で「新橋」に宿泊したときは居酒屋のあまりの
多さに笑がこみ上げますた。あの界隈は安く呑めますなー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< うーむIEがヤバイらしいが・・・ いらっしゃい >>