冬が来うぅればぁ~♪

思い出すのは、学生時代のマイルーム。
父親が日本国有鉄道の職員だった時代のお話。

ある日、突然鉄道官舎のアパート倉庫が
改造されますた。
畳一畳強の小さな倉庫。
あっという間に小さな窓の下に勉強机らしき
大きな天版が備え付けられ
脇には本が置ける細長い板が置かれますた。
そう
「個室」ができたのぢゃ。
こんな感じ
この30%くらいの狭い空間。
f0031417_1641529.jpg


まぁ囚人部屋のようなコンクリート壁で
冬場は室温0℃と外気並みの寒さでおました。
f0031417_165292.jpg

さすがにトイレはついてなかっただす(笑)が、監獄並みだす。
以前はやったウサビッチの世界だすなー
f0031417_1692345.jpg


外から見た窓の感じはこんな風
f0031417_1664314.jpg


ほんでもって暖房は小さな電気ストーブ
f0031417_1684075.jpg

これがまた足元はなんぼか温まるが上半身はブルブル状態で
寒さが身に沁みる環境でおました。

今は外気もまだまだ持ち直して16℃くらいだからエアコンはつけまへん
炬燵だけで十分過ごせます
朝起きると7℃くらいだから、やや涼しいけれど腰から下が暖かいと上半身は少々
寒くてもOKだすなー
f0031417_1612477.jpg

これでミカンが山盛りあれば立派な冬景色だす。
[PR]
by mackworld | 2013-12-05 16:15 | 哀愁編 | Comments(8)
Commented by atom at 2013-12-05 18:22 x
幼少のころより(私にもありました)個室はありませんでした。
結婚してからも自分の部屋というものを得たことがありません。
小さくても自分の部屋は欲しいです。いまだに。。
Commented by mackworld at 2013-12-05 20:22
■アトムどん
あはは、rararaコメント見ただすなー(笑)
個室というか書斎というか、自由空間欲しいよねー
わかるわかる。
Commented by yuko_in_sonora at 2013-12-06 12:43
あたしは北海道の床暖育ちだから、コタツ経験なしなんです・・・でもコタツ憧れですよん^^

ごめーん、まっくたん。 せっかく頂いたコメント、返信を打ってた間にEnterキーを押した瞬間、頂いたコメントも、タイプ中のコメントも全部消えてしまった・・・何が起きたのか分からないんだけど、せっかく頂いたコメントが消えちゃったのー!!(号泣) ごめんなさい・・・
Commented by mackworld at 2013-12-06 12:50
■優子はん
ええわいな、オイラ昨日の昼ごはん何食べたかも忘れるから(笑)
北海道のイメージって、やたらでかい薪ストーブか重油のボイラー
ガンガン焚いてるイメージだけれど床暖房なら快適だすなー。
Commented by jinsei_rarara at 2013-12-06 14:07
あーれ、この話、前に書いてあったのどこだったかなー
と探しようにもどこだかわからないけど
あれは心をえぐりほじくり名文で、思い出すだけで涙、涙。
今回のは同じ思い出話でも前回よりもなんかあったかーい感じ。

アトムさん幼少時代があったみたいですね(V)o¥o(V)
Commented by mackworld at 2013-12-06 19:35
■ららら
うーんと昔ではないと思うだす。エキサイトは記事検索できんから
書いた本人でも探し当てるの難解だすなー(笑)
アトムどん幼少期はお寺の住職だったそうだす。
Commented by natnoz_39 at 2013-12-10 16:43
考えただけで、寒いです。コタツって便利もの。ミカンとコタツ最高の日本の冬。
Commented by mackworld at 2013-12-10 18:39
■そうだす、ミカンは必需品だす。
まだ今日は、あと10個残っておるワハハハハ。
下半身が暖かいとミカンはうまいのだー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 思慮深く考え、そして動くのだ。 踏んづけちゃうぞ。 >>