猪瀬のオッチャンが悪戦苦闘だすなー

政治ネタは極力UPしないできた
mackでありまするが。
東京地検の暗躍というか、政治家潰しは「お家芸」かもなー
と失笑気味であるまする。

そもそも
今回の大きな狙いは何なのか?

考えながら報道を見ていると
「猪瀬知事スキャンダル」はただの
あて馬なのかもと思わせまする。
徳田のじっちゃん、猪瀬のおっちゃん
共に悪相ゆえに、ドラマの悪人のようで
話は盛り上げるのだすなぁ。

巷の世相はこうだす
「「アンカー」JR労組と過激派の闇&徳州会事件と政治家の闇…問われる安倍政権の姿勢
10/16放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”
選挙違反の摘発はいわば入り口で、本筋はこの、政治家を摘発したいっていうのが東京地検特捜部の狙いです
検察関係者は、徳州会グループ事件について、
本筋は選挙違反ではない。政治家にカネが渡っていると話した
徳州会マネーは、石原元知事に3億円、現職猪瀬知事に5000万円が渡った。
要するに政界の中に捜査の手がすでに入ってるんです。
長期間に渡って、合計でおよそ3億円が、この人に渡り、
で、この人は、要するに権限を持って、徳州会に便宜を図ったっていう疑いを、実は捜査側は持ってます。
というのは、徳州会っていうのは当然広がっていく時に、いろんな買収行為もありますね。
えー、それが医療機関であったり土地だったりいろいろするわけですけど、
その時に、便宜を図ったんじゃないかということをです
この徳州会マネーについて、複数の元総理を含む与野党議員の名前が、挙がっていまして、
さらに、安倍内閣にも受け取った人物がいる可能性がある
副大臣・政務官クラスに、要するに、徹底的にお金をばらまいていった
で、いわばその親分だけじゃなくて若手・中堅にもばらまいていってですね、
安倍さん自身が、この徳田さんのパーティに出て、徳田さんを絶賛したこともありますし。」

となかなか興味深いだすなー。
そもそも猪瀬知事のプロフィールはどうよ?
とググってみた。

「信州大学人文学部経済学科卒業。大学在学中は新左翼学生運動の指導者であり、通称「白ヘル」(革命的共産主義者同盟全国委員会)に属した。
大学卒業後、上京し結婚。出版社勤務などを経て、1972年、明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻博士前期課程にて政治学者の橋川文三に師事し、日本政治思想史を研究。ナショナリズム研究の橋川文三に教えを請うたのは、学生運動を離れた後、「日常性の連続がふつうの生活」「そうした日常性から日本の近代やナショナリズムをもう一度とらえ直さないといけないと思った」からだという。

その後、ビル清掃等を経て、作家活動に転じる。1987年、西武グループと堤義明について皇族との関係を絡めながら著した『ミカドの肖像』により、第18回大宅壮一ノンフィクション賞、ジャポニスム学会特別賞受賞。1996年、『日本国の研究』により、文藝春秋読者賞を受賞。

2001年、小泉内閣の行革断行評議会(行政改革担当大臣の諮問機関)に名を連ねる。2002年、道路関係四公団民営化推進委員会委員に就任。

2007年、地方分権改革推進委員会委員に就任。2001年から2009年まで東京大学大学院人文社会系研究科客員教授、2001年から2003年まで国際日本文化研究センター客員教授、2006年から東京工業大学世界文明センター特任教授。

2007年から、石原慎太郎知事の下で東京都副知事を務めていたが、石原知事の退任に伴い後継指名を受け、2012年(平成24年)12月16日の東京都知事選挙に立候補の届出[6]。そして選挙で433万8936票を獲得し、日本の選挙史上では個人としては最多得票記録で当選を果たした[7]。青島幸男、石原慎太郎に続き、東京都知事は3人連続で作家出身となった。また、初の戦後生まれの都知事となった。」

東京都民の関心やいかに?
本でも読んで研究してみるのも一興かも。
f0031417_111605.jpg

[PR]
by mackworld | 2013-11-23 11:16 | 日々雑感 | Comments(6)
Commented by jinsei_rarara at 2013-11-24 08:55
何が悪で何が善なのか!

クロコーチに全てを暴いてもらいましょう。
Commented by mackworld at 2013-11-24 09:09
■ららら
しゅごいクロコーチ見てるんだー
3億円ちょーだい。
Commented by aamui at 2013-11-24 10:28
ほんとに悪相!知りたいことお陰様でよく解りました 凄い経歴なんだね 週刊文春の時ぐらいしか知らなんだ(*_*; しかし断るの悪いから貰っておいたとは・・・宝くじが転がっている世界なんか?びっくりした(*_*)
Commented by anello63 at 2013-11-24 10:36
この人の本は面白そう!
Commented by mackworld at 2013-11-24 15:36
■muiはん
担保なしの借金という時点で「賄賂」と取られても仕方がないだすなぁ、どう言いつくろっても馬脚を現したんだから世間は知事の存在自体を「なーんだ」と軽視するだすなー。オリンピックまで持たない気がする。
Commented by mackworld at 2013-11-24 15:37
■aneさん
著者は「山形県酒田市生まれ。父・兼太郎は茜舟(せんしゅう)の雅号を持つ書道家・教師[1]。山形県立酒田東高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。呉智英によって学生時代は構造改革派の活動家で自治会選挙に立候補したと宣伝されたが、これは呉の悪質なデマであり、自身が明確に否定している。大学時代の佐高は大人しく、学生集会の片隅に座ったりベ平連のデモに加わる程度で、特定のセクトには所属したことはない。支持政党は一貫して日本社会党(現・社会民主党)である」と紹介されておりまふ、週刊誌にコラム持ってるけれどやや偏りのあるお方だから話半分に眺めるにはよいかもー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋には秋の日差しが・・・ 姉妹なのかなぁ? >>