めんたいこー(麺太鼓ちゃう)

f0031417_2133063.jpg
最近「やまや」の明太子を食べてないなー、高いから気軽に買えないもんなぁ。
で最近の明太子業界の動向を調べてみた。
「辛子明太子は、「ふくや」(福岡市博多区)を創業した川原俊夫氏(故人)が、スケトウダラの卵巣に塩や唐辛子を加えたキムチの一種「ミョンランジョ」をアレンジし、昭和24年に販売を始めたといわれる。

 昭和50年に新幹線が博多駅まで延伸されると、明太子は福岡のおみやげとして、全国ブランドとなった。特に、1箱(600グラム)5千円程度の高級品が、企業間の贈答品として重宝された。
「博多と書いてあれば飛ぶように売れました」。当時を知る業者はこう振り返る。

 ところが、明太子の味が広く受け入れられると、皮肉にも福岡の明太子業者は窮地に陥った。
高級食材から日常食材へ変化し、丸々一本ではなく、パックに入った少量の明太子を安価に販売する「切れ子」の比率が拡大した。贈答品と同じ600グラムで3千円程度だ。
大手水産加工業者も参入し、中小が多い福岡の辛子明太子メーカーはますます苦しむようになった。

 民間調査会社帝国データバンク福岡支店によると、明太子業者の上位20社の合計売上高は17年度に1078億円だったが、21年度は1067億円、22年度は1016億円と、毎年のように減少している。そのため各社は、加工品開発などに乗り出した。
業界最大手の「ふくや」も、福岡市内のホテルと協力して明太子を使った塩味のケーキなど、さまざまな商材開発に努めている。
「福岡の味」から「国民の味」に進化した辛子明太子。本場・福岡で業者の挑戦は続く」
そっかー高級食材から庶民の「切れ子」にシフトしてるのかー
実際3個入って3000円という価格を見てると1はら1000円かぁ高いから「切れ子」にしよー味は同じやしなーとなってたもんね。
[PR]
by mackworld | 2013-10-13 21:33 | たべもの | Comments(8)
Commented by チビタム at 2013-10-14 05:53 x
明太子は大好物です。
でも最近食べてないかも
ホカホカご飯にオンザメンタイコ、ほっぺ落っこちグラッチェ美味いで~す!
Commented by atom at 2013-10-14 07:35 x
洋(和)カラシもワサビも平気でテンコ盛りを食べる(舐める)のに
唐辛子入りはバンバンとはいきません。
でも辛子明太子にマヨ入りだとバンバンです。
Commented by ぴぃたろー at 2013-10-14 09:21 x
明太子おいしいですよね。
あぁ、でも1はら1000円は、高い~。
ちょっと、贅沢したいときの一品ですね。
Commented by mackworld at 2013-10-14 10:05
■タムタムどん
はい、正統派めんたい通の食べ方でありんす。
Commented by mackworld at 2013-10-14 10:07
■アトムどん
めんたいマヨかー、マヨネーズは辛味を抑えるのに重宝しますなー、
めんたいスパにバターを和えるようなもんだすな。
Commented by mackworld at 2013-10-14 10:08
■ぴぃちゃん
おひさー、ペン絵かいてますかー
見学にいこーっと。
Commented by natnoz_39 at 2013-10-15 16:28
週末博多と鹿児島へ行った帰りにやまやの明太子。今お家にありますー♫おいしーです。あまり辛い辛いしない。旨辛な明太子ですね。白いごはんと合いおいしいです。そうだったんだぁ~。昨日やまやの話をしてたばかり・・♫
Commented by まっく at 2013-10-15 17:14 x
■舞妓はん
そうなのら、旨みがあるかないかで老舗であるかないかが分かりまする、魚屋さんで売ってるのやスーパーの品物はただ辛子に数時間漬けただけの辛い魚卵にすぎないのでありまする、168時間漬けこめば正規の博多明太子になるのだす。出会えた舞妓はんは幸せだす。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< はらへったー おはよー(その8) >>