半沢直樹

f0031417_051969.jpg


さて、また日曜日のお楽しみがやって来るだす。

日本制作テレビドラマの陳腐化が目に余る今日この頃、めずらしく面白いもんが出てきますた。

ドラマジャーナリストの弁によれば
「TBS日曜劇場『半沢直樹』の勢いが止まらない。視聴率は初回が19.4%。以後、第2話が21.8%、第3話が22.9%、第4話が27.6%、第5話は29%---。
「録画率が高まったので、もうドラマでは高視聴率は取れない」。そう口にするテレビマンが増えていたが、そんな考え方は間違っていたらしい。『半沢直樹』の視聴率は、録画機器の普及率が低かった昭和の時代と比べても遜色がない。1970年代の『時間ですよ』(TBS)や『寺内貫太郎一家』(同)とほぼ同水準だ。
どんな時代だろうが、面白いドラマは高視聴率を得ることを『半沢直樹』は証明した。パソコンやゲーム、スマホの出現も関係なかった。近年、視聴者のテレビ離れが指摘されていたが、それは単に魅力的な番組が不足していただけだったらしい。
既存作品の否定によって進化してきたドラマ
『半沢直樹』は今後のドラマ界の潮流も変えてしまうだろう。爆発的人気を得るドラマが登場すると、それまでのドラマは急速に色褪せてゆくものだから。
たとえば、バブル期の1980年代後半から90年代前半に台頭したトレンディドラマを失速させたのは、日本テレビの『家なき子』(1994年)だったと思う。フジテレビ『東京ラブストーリー』(1991年)に代表されるトレンディードラマは、恋愛至上主義で、登場人物たちの関心事はもっぱら異性だったが、『家なき子』は親子愛の尊さを見る側に突き付けた。恋愛至上主義の否定だ。
バブル期の恋愛観には、金銭的条件に左右されやすいという脆弱さがあった。拝金主義がピークに達していたころで、「三高(高収入、高学歴、高身長)」の男性が無条件にもてはやされていた。そこに登場した『家なき子』の主人公・すず(安達祐実)は、露骨に金に執着して、見る側に嫌悪感さえ抱かせたが、彼女こそ拝金主義がカリカチュアライズされた存在であり、バブルというものを体現していたのだ。見る側が嫌悪したのは、実は自分たちの生きている時代だった。
すずが本当に大切にしていたのは母親(故・田中好子さん)だ。母親もすずに無私の愛情を注ぎ、命懸けで彼女を守った。その親子愛の尊さは、三高などの条件に支配される恋愛とは次元が違った。恋愛至上主義が色褪せてしまうのも仕方がない。
非現実的な刑事ドラマを終わらせたのは、フジ『踊る大捜査線』(1997年)だろう。警察組織の仕組みやキャリアとノンキャリアの違いなどをリアルに描き、それによって、一人の敏腕刑事が事件を次々と解決するような非現実的ドラマは過去のものになった。テレビ朝日『相棒』(2002年~)の主人公・杉下右京も東大卒のキャリアであり、だからこそスーパーマンぶりにも一定の説得力が保たれている。
メッセージ性の弱いドラマを打ちのめしたのは、日テレ『家政婦のミタ』(2011年)だろう。大切な人を失って絶望した人間が、再生していく過程が鮮やかに描かれた。東日本大震災から約半年後の放送。被災者だけでなく、誰にでも大切な人を失った経験はあるはずだから、広く共感を集めた。このドラマの放送後、いわゆる「ハートフルな作品」なるものが陳腐化していった。甘ったるいだけに見えてしまうようになった。
ドラマは既存作品を否定することによって進化し続けてきた。リメイクのヒット作もあったが、当たるリメイクには、ほぼ例外なく抜本的変化が加えられており、単なる焼き直しではなかった。失敗の典型例は名作映画『砂の器』(1974年)のリメイクだろう。連続ドラマ、スペシャルドラマとして何度もリメイクされたが、一度として映画を凌いだ作品はない。リメイク版ではキャストや設定の一部が変えられたが、本質的な違いはなく、スケールダウンしただけ。それでは元祖版を超えられるはずがない。
今日性のないドラマは消えていく
振り返ってみると、爆発的人気を得たドラマには共通点が見出せる。いずれにも今日性があり、時代が織り込まれていた。トレンディードラマ全盛の時代は、若年層が表向き経済的に恵まれ、将来への不安があまりなかったから、恋愛に没頭できた。ときには恋愛をゲームにさえする余裕すらあった。恋愛至上主義が成立する土壌があった。
警察の不祥事が続発し、「警察=正義」という図式が成り立たなくなった後の『踊る大捜査線』や『相棒』には、警察内の腐敗がしっかり盛り込まれた。『家政婦のミタ』には、父親・阿須田 恵一(長谷川博己)の不倫や母親の自殺があった。実際、この世知辛い時代に何一つ問題や不安を抱えていない家族は、そうないだろう。そして、『半沢直樹』には、現代ビジネス社会の暗部が刻み込まれている。
多くのテレビマンは、「テレビの真骨頂は生(放送)だ」と口にするが、ドラマも同じなのだろう。それを分かっていながら、実践するのは難しいらしく、旧態依然とした作品も少なくない。各局のタイムテーブルには、10年前、20年前に放送されていても不思議がないようなドラマもあるが、いずれも視聴率は振るわない。
今日性の有無だけではなく、もちろん質も大切だ。テレビマンの一部には「視聴率は低かったが、質や芸術性は高かった」と口にする人もいるが、どうも疑わしい。本当に質が高ければ、視聴者だって支持するはずだ。視聴者の目を舐めてはいけない。「質や芸術性は高いのに、見てもらえない」という言い分は、一部テレビマンの驕りにほかならないと思う。
映画の興行収入を見てみれば分かる。邦画の興行収入の歴代1位は宮崎駿監督による『千と千尋の神隠し』で、約304億円。この作品の質と芸術性を誰が否定できるのだろう。本当に良質であれば、ドラマも広く支持を集めるはずなのだ。
質が抜群と評判の日本テレビ『Woman』も徐々に視聴率を伸ばしている。最近、活字メディアで書かれているドラマは、『半沢直樹』『Woman』、そして『あまちゃん』の3作品しかないと言っていいくらいだ。いずれの作品も今日性と質の高さを併せ持っている。
『Woman』は現代を懸命に生きる市井の女性を、細部に至るまでリアルに描いている。主人公・青柳小春を演じる満島ひかりと、母親・紗千役の田中裕子の演技は白眉としか言いようがない。『あまちゃん』は1980年代と今のサブカルチャーを対比させることにより、現代をくっきりと浮き彫りにしている。筋書きも凡百ではなく、意外な展開の連続であり、放送が始まると同時に犯人が分かってしまうような2時間サスペンスとはレベルが違う。
これから先、今日性のないドラマは消えていくのではないか。1970年代の『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』にも当時としては斬新な演出が採り入れられており、しかも時事問題が随所に盛り込まれていた。
また、現在のドラマ界には、「まず、数字(視聴率)を持っている役者を起用する」という考え方も根強く存在するが、そんなドラマ作りは廃れていく気がする。『半沢直樹』主演の堺雅人にアイドル的人気はないし、『Woman』の満島ひかりは民放ドラマ初主演。『あまちゃん』主演の能年玲奈にいたっては、新人なのだから。
この3作品の好調を受けてもドラマ界の潮流が変わらなかったら、本当にテレビ離れが止まらなくなってしまう気がする。


ほんでもって、作っている側としてはこうらしいぞ。

「やられたら倍返しだ」――。“家族で一緒に見るドラマ”が主流の日曜夜9時。この時間帯では“異例”とも言われる「銀行」を舞台にしたドラマ、「半沢直樹」が人気を博している。視聴率は今年の連ドラとしては最高視聴率をたたき出している。
ドラマの演出を手掛ける(映画で言う監督にあたる)福澤克雄氏に、「半沢直樹」のヒットの理由、魅力について聞いた。

■平均視聴率15%を目指していた
――「半沢直樹」の大ヒットをどう見ていますか?
まったくの「想定外」でした。びっくりしています。僕らは最終回で20%を取ろうとしていたのです。
「半沢直樹」は、これまでのドラマ界の常識で考えると、登場人物に女性が少なく、わかりやすく視聴率を取れるキャラクターもおらず、恋愛もないという「ないないづくし」。それに銀行という“男”の世界が舞台です。セオリーどおりなら、ドラマのメインターゲットと言われる女性は「見ない」ということになりますよね。
だから、当初は、12~13%から初めて、徐々に視聴率を上げて、最終回で20%。プロデューサーと「平均15%取りましょう!」と誓い合っていたくらいです。でも、いざ、フタを開けてみたら、女性が見ていた。テレビの常識がいかに適当だったか、マーケティングというものがいかにアテにならないか、ということでしょう。これまでの「●●がないから視聴者は見ない」という常識は、逆に言えば、「これだったら食いつくだろう」と視聴者に対してある種の「上から目線」じゃないですか。
刑事物がヒットしたら、皆、刑事モノに殺到しているでしょう。だから、「半沢直樹」は、最後は自分が面白いと思うものを作るしかないと思ったわけ。それしかないと。
だから、今は2カ月、家に帰らずに撮影と編集をしています(笑)。
[PR]
by mackworld | 2013-08-24 00:08 | 日々雑感 | Comments(8)
Commented by atom at 2013-08-24 12:33 x
アハハハ。途中から誰のブログかわからんようにまってしもうた。
Commented by まっく at 2013-08-24 13:24 x
■アトムどん
やったー大成功~♪
Commented by ミヤコ at 2013-08-24 23:58 x
血湧き 肉踊っとります♪ アハハハ♪
Commented by mackworld at 2013-08-25 00:10
■みやちゃん
ほうほう血が沸騰して、筋肉がプルプルいってるんだすなー。
しゅごい。
Commented by jinsei_rarara at 2013-08-25 22:43
か、漢字が多くてスパスパ読めませーん。
あしたゆっくり読んでみますばってんか。
よかかの?
Commented by まっく at 2013-08-26 01:07 x
■ららら
あはは、rararaらしくて、よかー。
Commented by atom at 2013-08-26 11:53 x
コメントに誘導されて、
ドラマ嫌いな私が不覚にも昨日観てしまいました。
こりゃ視聴率上がるわ。
次回も観よっと!
Commented by mackworld at 2013-08-26 14:28
■アトムどん
うひゃひゃ立派。
しゅごい(^.^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スッパマンがー 昭和がまたひとつ消えますた >>