赤い日々 編集版

さて、ここから先は
食事中のお方は決して見てはいけませぬ。
とくに
カレー

ビーフシチュー
などを召し上がっておられる方は、特に見てはいけませぬ!
「おあぁぁぁぁぁ」
と呻いて戻しまする。


では
物好きな方のみ

御入館
くだされ。




9月2日の13:50に そいつは突然現れた。
昼食に笊蕎麦の大盛りを食らって
「あ~食いすぎたぁ、いくら大盛り言うても二玉もしっかり盛ったら多すぎやがなぁ」と腹ぽっこりで
仕事場に戻り、しばらく仕事に勤しんでおったら、お腹が「キュルル」と異音を発するではないか。
ん~昨日は暴飲暴食なんかしておらんに何故やろかい、と従業員用トイレに小走りに向かう
mackなのであった。
やれやれと便器に腰かけ、うむ と力んだら「ビビリバディディブゥ」と情けなくも悲しくも下痢の音階。
「さってとぉ」とトイレットペーパーでかわいいオケツの始末をして、便器の蓋を閉めようと後ろを
振り返ったらば・・・
f0031417_2571344.jpg

うわぁぁぁおおおおおおおお
と声にならない声で呻いてしまったのだった。

この「色」だけは見たくなかった・・・

決して見てはならない色、それはトイレでの赤い色彩
「痔だ これは痔ろうからの 出血なのだ」
と自分自身に言い訳をするも
痔を患ってないmackは
「それは・・・ないなー」と深いため息をついたのだった。

次に自分がする事と言えば 病院に向かう為、上司に現状認識をしてもらう事。
上司に男子トイレ迄ご足労いただき、便器を見てもらい、病院へ向かう準備とあいなりました。

入院支度に家に戻り、緊急入院に備え準備をしていると、また あの嫌な便意が襲って来た。
考えても仕方がないから とっとこ自宅トイレに向かい、先程と同じく 排便すると・・・
ババババババっという炸裂音で血塊を含む「ヤツ」が便器を赤黒い葡萄色に染めまくる。

f0031417_371244.jpg


「あかん、これはあかん  絶対あかん」
と頭の中はパニック状態。
その後2度までも同じ模様の排便が続き 魂の抜けた亡骸の体で 総合病院へ向かう
mackなのであった。

病院に着き、「下血しました」と言うと 主治医の名を告げ一般内科に案内しようとする事務員。
専門医のおられる消化器内科をお願いしますっ!と強く言うと なにやら困った顔で先方の
医師に確認をしておったが、 数秒で「はい、先生がおられますので2階へどうぞ」と
ありがたいお言葉。
ほいほいと2階の消化器内科の扉をノックし、中へと迎え入れられたので一安心。

この診療室は最新の大腸内視鏡(ファイバースコープ)を擁し、心強い上に担当医は若くやる気
むんむんの熱血医師なのであった。

最新の病理器具で早速診療開始
f0031417_1302152.gif

こんな雰囲気で内視鏡が大腸のなかに ぐいぐい入り オイラの大腸を明るく照らし出すのであった。
f0031417_1314913.gif

流れ的にはこんな具合に内視鏡が大腸の中を動いていきまする。

患者は ただただ オケツを 横たえて じっと我慢の子であった。
f0031417_3235530.jpg

こんなファイバースコープが大腸の中をグリグリ動いていくのね
f0031417_325525.jpg

f0031417_3253392.jpg

内視鏡は患者も一緒に見学できるようになっておって。
医師が「うーん、ここには何もないなぁ~出血場所が特定できんぞー」
と言いながら大腸グリグリの進行具合がよーく見えるのであった。
f0031417_3312047.jpg

結局、この日は原因となる出血場所が特定できなくて
「入院ですね、病室は一般病棟でいいですか」と言う医師の言葉に
「いいえ個室でお願いしますっ!」と元気に答えたmackであった。

4人部屋は確かに5千円で済むけれど、オイラみたく深夜にひょこんと起きてメモしたり
照明を明々とつけて週刊誌読んだり、メールしたりする輩は個室でないとチト具合が悪い。

ほんで通された部屋が「特別個室」なのであった。
「むぅ、話が違うぞー一般個室と言ったのにぃ・・・」とぶつくさ言いつつも、とりあえず1泊する
部屋が確保できたのは嬉しかった「満床です」などと言われたら4人部屋行きで我儘は許されない
という状況にならずに済んだのだった。

病室はまだ夕方という事もあって明るく清潔で、居心地の良い部屋だった。
f0031417_3412043.jpg


やがて入院の第一日目は 静かに暮れていく。

入院は2・3日で終わるかと思われた。
大腸や食道・胃部には異常が見られず、医師は大腸の憩室から出血し、内視鏡で見た限りでは
気になる患部は見つからなかったからだ。

入院三日目の朝、医師が
「今日は、異常がなければ昼食は普通にとっていただいて、退院されて結構ですよ」と言う
やったー、これで早々と帰れるぞーと、数日ぶりに昼ごはんをパクついた。



食事後、例の下痢のような、なんともいやーな あの感覚が・・・
いやいやながらトイレへ行く。
なんちゅうこっちゃ
また下血の始まりではないか
シカトして、そのまま帰宅しようと思ったが、大量出血で命なくす人もいるという
医師の世間話での不安感が胸を過る

ここからの5日間以降がやたら長く感じる日々でありました、結局は退院しても2週間は様子見だから。

少なくとも日々内視鏡の検査があるわけで、それは検査日に内臓をすっかりきれいにする事から
はじまるのです。
まずはポカリスエット味の下剤を2リットル飲んで8回くらいトイレで流し出すのであります。
f0031417_2252165.jpg

その後、診察台に横たわり内視鏡をグリグリ入れるのですね。
f0031417_2253145.gif

横に見えるのは、この機器セットです
f0031417_22553784.jpg

f0031417_23273610.jpg


「憩室」ケイシツと言いますのは、腸の一部が外にポコンと飛び出ることです
f0031417_22583488.gif

f0031417_232295.gif

写真で見ると、こうなります(大腸の場合)
f0031417_231894.jpg

f0031417_231356.jpg


大腸の内視鏡では、発見できなかった患部は、CTスキャンでその出血部位が特定され
すわ、手術! という展開になりました。
その晩は一睡もせず、腸の様子をひたすら確認しておりました、何故かって?
出血が延々と続くようならば手術も止むを得ないが、出血が止まったままならば
バタバタ腹を真一文字に断ち切って小腸を引きずりだしチョキンと切るのは後後後悔するな
と思ったのでありました。
麻酔の先生、外科の先生と消化器専門内科の先生は、患者の事を考え外科手術が最適と
決断されたのにmackは患者の希望を押し通したのでありました。
「切らんで済むなら切らんがよか!」
ただのビビリと言われようが、結局は自分の事なのだから、あの時遠慮せんで言及していれば
よかったなどと後悔したくなかったしね。
急な手術で医師が休みの日(土曜日)にもかかわらず緊急手配してくれた主治医には気の毒な
思いをさせてしまいました。

CTスキャンで分かった部位が「小腸」であり、一般的には内視鏡操作で小腸を内科施術するのは
必要器具が揃ってなくて、担当医にはかなり無理をさせましたが、クリップで出血部位を止める
そういう特殊技術でどうにか止血してもらったのでありました。

出血している患部
f0031417_23244774.jpg


クリップで止血した患部
f0031417_23253976.jpg


クリップで止めず手術すると、こんな光景になるのです
f0031417_232983.jpg


みなさんも体を労り、暴飲暴食と偏食はやめましょーねー。
では体の中をのぞいて、闘病日記はおしまいですよー
f0031417_23325460.gif

f0031417_23312087.jpg


追記:ここに使用した医療写真はweb50箇所から勝手に引用させて頂ました
    医療関係の皆々様、ごめんなさい。
    50箇所で資料を探すのにまる二日かかりました、その必死の努力に免じて
    お許しくださいね。
[PR]
by mackworld | 2009-09-12 03:42 | 日記 | Comments(30)
Commented by nakanokeiichi at 2009-09-12 05:25
お~  大人の女性に成ったござるか
 赤飯ですな・・・

(笑) パニックの中 ネタを撮っておくのが 
   ブロガーの鑑でおじゃるよ・・・
Commented by まっく at 2009-09-12 11:48 x
■これこれ、言うにことかいてオカマにするでないでごぢゃるよ。
赤飯は、まだ食えんのだす、お粥さんに豆腐の味噌汁だけや。
すかす、デジカメを片時も離さないというんは、グローガーの
悲しい性だすなぁー。
Commented by sakura-hee at 2009-09-12 15:27
えっ!そうだったの?
9月2日は魔ッ君の「オカマ記念日」なのね?

しかし、よくもまぁカメラ持ってトイレに入ったもんだね。
これを病院で見せたら下手な症状説明は不要かも。一目瞭然!

お医者様の言う事聞いて、おとなしくしてなさいよ。


Commented by チビタム at 2009-09-12 15:49 x
ジャーナリストの如く事実を克明に伝えていく強い精神力ですね。
Commented by まっく at 2009-09-12 15:58 x
■雪女
なにが記念日ぢゃー ちゅうするぞ!
デジカメ画面を見た途端、お医者様がのたまった。
「おーよく撮れてますねー、これは分かりやすい!」と
妙に感心されますた。
百聞は一見にしかず・・・だすな。
とりあえず、出血の色合い・形状・容量は見てとれたようで
ありんした。

お医者様の言う事に随分逆らっての退院でありますたから
しばらくはじっと我慢(食事など)のmackなのだ。
Commented by まっく at 2009-09-12 15:59 x
■チビタムどん
あはは、ただの物好きだす。
状況をレポートするのは商売上得意だすから・・。
Commented by ぴぃたろー at 2009-09-12 18:34 x
どうぞ、お大事になさってください。
私も、先日大腸ファイバーなるものを体験してきました。
ただ、体験記は書く気にはなれないです~。
Commented by mackworld at 2009-09-13 02:18
■ぴぃちゃん
はい、大事にしてますよー。

あはは女性はとてもお尻チューブのファイバースコープ日記なんか書いたらあきまへん、想像するではないか(*_*;
すかす、人体内部は不思議がいっぱい、地底探検みたいなもんだすな。
Commented by チビタム at 2009-09-13 10:10 x
mackはんが病気療養中の時に不謹慎なブログをアップしてもうた。すんまへんな。
Commented by yokko118 at 2009-09-13 10:30
これはこれは
女の子になったでごじゃるのね。
あー確かに状況を説明するのに、これはいいですね。
私も1度、出血したとき、「いっぱいです」って言っても
「どれくらいですか?」って聞かれて
説明に戸惑ったでごじゃるよ。
ゆっくり休んでね。
Commented by pukutare09 at 2009-09-13 10:57
ちとグロイぞ・・・
気弱で乙女(←久しぶりのフレーズ)なあたちは恐くてまともに観てられん!!
退散退散・・・お大事に・・・
Commented by ミヤコ at 2009-09-13 17:57 x
気は強いけど~完璧乙女のミヤコです(←何時もののフレーズ)
あたちも恐くてびっくり!
早くご全快してください!そんでないとミヤコは毎日泣いてばかりョ!
Commented by みんと at 2009-09-13 22:50 x
とりあえず退院できて、よかったなぁ。
しかし、自分のウンコを写真に撮ってそれを全世界に発表するとは、根性があるのか、ただのアホなのか。
う〜む、どっちなんだろう、、、
Commented by hanepan_2 at 2009-09-14 14:51
大変だったね。
こんだけ出血してたら痛かったんでしょうね。
あ、痛くなかったからびっくりしたのかな?
わたしは帰国してから2回も胃カメラ飲まされたよ。
上からのはわかるけど、下からのは経験ないからどんなかんじなんかな?
抜くときとか。
Commented by うさぴょん at 2009-09-14 22:08 x
まっくさん、もう~
ちょっくら前も、入院したんじゃなかったっけか。
心配させないでおくんなさい。
ちゃんと治さないと!   モウワカクナイシィ~>(´△`。)
刺激物とかは絶対食べたらあかんよ。。
…これって大腸のポリープとかやろか。
Commented by mackworld at 2009-09-16 17:55
■チビタムどん
やっぱ揚げ物+ビールは健康なうちは
最高の取り合わせだす。
がんがんやって、どんどん出しませう。
Commented by mackworld at 2009-09-16 17:58
■陽子
こらー。
状況説明にデジカメは最も優れた媒体でありまする。
いっぱい=画像
いっぱつで理解してもらえて、治療の方向が即決だす。
今、いっぱい休んだから金曜日には一度出社だすなー。
仕事の進み具合如何では休日にちょこちょこ顔出しになる
可能性ありだす。
Commented by mackworld at 2009-09-16 17:59
■ぷく
あはは、ちょっとどころかパートⅡではかなり(専門的に)グロくなる予定。
ぷくは見ないほうがよいぞ。
Commented by mackworld at 2009-09-16 18:05
■みやちゃんぽん
あはは完璧(=鉄板)乙女なんだすな。
この病には「全快」という言葉はないそうだす。
人間年をとると体のあちらこちらにガタが来ているのは現実で
ありますて。
今回は小腸だしたが、大腸には癌予備軍のポリープが3個も
ありますた→来年には切除しとかないと、いつ癌細胞に変化
するか分からんそうだす。
脳梗塞の予防で「バイアスピリン」という血液サラサラ薬を8年間
飲み続けると消化器官はかなりの確率で「出血」しやすくなるというリスクを負うそうで、これは・・・
運命なんだすなー。
Commented by mackworld at 2009-09-16 18:06
■みんちょ
えー
お答えいたしまする。
根性のある「アホ」なんだすっ!
Commented by mackworld at 2009-09-16 18:09
■ハネパンちゃん
それが
痛みなるものは全くなかったんだすなー。
小さな穴ボコからジワジワ出血し続けてる訳だから痛みがない。
そもそも腸の粘膜(表面)には痛みを感じる神経がないそうな。
あ、内視鏡を抜くときはポコンと簡単に抜けまする、実に楽だす。
Commented by mackworld at 2009-09-16 18:14
■うさぴょん
■はいはい、昨年も同じ「腸全体痛い痛い病」で入院しておりますたな、あれは痛かっただす。
お腹のあちらこちらが常時痛むから辛い闘病生活で、完治まで、ひと月もかかりますた。
あれはウイルス性の疾患でありんしたから予防も何も出来ない突発異変でありますた。
モウワカクナイ・・・うーむ、そうなのだ。
刺激物=スパイス類だすなぁ、カレー食えないぞ。
これって→小腸の「憩室」だからポリープの反対で腸から組織が外に飛び出しておるんだすなーポリープは内側にポコンと出てきてやがて「癌」に変化していきまする。
Commented by anello63 at 2009-09-16 22:26
見てはいけないものを見てしまったような・・・
でもこんなになるまで・・・
精神的なショックも・・・
お大事にしてください。
「パートⅡ」は見ないことにいたします(^^ゞ
Commented by mack at 2009-09-16 22:33 x
■「遠い世界に」がなつかしい。
あの駅舎?のビールがよかっただすなー。
しばらくは(5年くらいか・・)ビールは厳禁やもんねー。
Commented by akikonoda at 2009-09-21 16:28
お身体ご自愛ください。。。

かくゆうわたしも、なかなかしんどいときです。。。
Commented by inuzure at 2009-09-22 10:48
見てしまったからにはコメントを!…
でも何と言ったら良いんでしょう。
人間は不思議な生きもので、これは薬です、と渡されて
信じて飲めば、たとえそれがお砂糖の塊でも
本当に病気が治ってしまうことが多々あるようです。
お医者さまの言うことを聞いて、
身体の中にできた悪いものを、やっつけてしまう
イメージトレーニングに励んでくださいませ(^o^)丿
Commented by aamui at 2009-09-26 16:46
これは真実の写真なんだ!まだどこか嘘でしょ!と思っているほどすごいものですね いやー大変だ!ちゃんとしっかり治しなさい!
Commented by mackworld at 2009-09-27 22:14
■野田さん
自分を愛するのは楽だすなー。
take care of myself careは注意し気を使う意味だから
用心し自己管理しなはれという天の言葉として拝聴いたしまする。
Commented by mackworld at 2009-09-27 22:17
■犬連れちゃん
あはは、見たんだー。
体の中の悪いものって・・・結局おできが腸の中に出来るか外に出来るかなんだすなー、中に出来るとたいがいは癌化するだすが、外に飛び出すと血管が無理して破れたりするんだすよん。
暴飲暴食を止めたら、もうしばらくは行けるだっしょなー。
Commented by mackworld at 2009-09-27 22:19
■muiどん
これこれ杉の子起きなさいぃぃ~♪
真実の写真ってゴア元副大統領でもあるまいに、大げさだす。
ちゃんと、しっかり療養してますよー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぬる(寝る)ひたすら、ぬる ただ今、療養ちゅう~♪ >>